ロードバイクの性能を左右するコンポの違いと選び方

Pocket

スポーツサイクル初心者にはなじみのないコンポーネントですが、自転車の性能を大きく左右する重要なパーツです。
今回は特に走行性能にこだわりたいロードバイク用コンポーネントの種類や性能をご紹介します。

コンポとは?



出典:Shimano

コンポ(コンポーネント)は、主に自転車を構成する機械部分を総称するパーツの総称です。
ブレーキやギア、変速機など様々なパーツのことを指し、実際駆動する部分なので走行性能を大きく左右する要素です。
ロードバイクの完成車においてコンポがどのグレードを採用しているかで価格や性能を大きく左右するので、ロードバイクを選ぶ際にはかならずチェックするようにしましょう。

コンポの主なパーツ

コンポは駆動部分のほぼすべてを指しますが、中でも性能や乗り心地を左右するパーツをご紹介します。

コンポーネント①デュアルコントロールレバー



出典:シマノ – Shimano

デュアルコントロールレバーはブレーキバーと一体成型になった変速機のことを指します。
デュアルコントロールレバー自体がグリップ形状になっているので、握りこんだまま操縦できるような形になっています。
ギアの数もギア自体ではなくデュアルコントロールレバーに依存する形になります。

コンポーネント②ブレーキ



出典:シマノ – Shimano

ブレーキは停車するだけでなく、スポーツ走行においてはスピードを調整する役割に多く使うため走行シーンに合わせて様々な種類があります。
ロードバイクにおいては制動力の安定しているキャリパーブレーキが一般的ですが、他にも制動力の高いVブレーキや悪路に強いディスクブレーキなどがあるのでよく吟味して購入する必要があります。

コンポーネント③ディレーラー



出典:シマノ – Shimano

直接チェーンの位置を調整し、ギアを切り替えるためのパーツです。フロントリアで形状が違います。
微妙な動作が必要なので性能がシビアで、最も動作がグレードに影響されやすいパーツと言えます。
通常変速機がケーブルを引っ張って動作させますが、グレードによってはより動作の安定性を上げるために電動のものもあります。

コンポーネント④クランク



出典:シマノ – Shimano

クランクはフロントのギアとペダルまでのバーが一体型になっているパーツです。
ギアの枚数やギア比はもちろん、ペダルまでの長さにも違いがあるので体力に合ったギアと体に合ったクランク長を選ぶ必要があります。
パーツ自体が大きく重いので、ハイグレードモデルでは軽量化する処理がされているものもあります。

コンポーネント⑤ボトムブラケット(BB)



出典:シマノ – Shimano

クランクとフレームの間に取り付けるベアリングのことを指します。
ベアリングボールの大きさによって耐久性が変わり、回転がスムーズなほどペダルにかけた力が無駄なくギアに伝わります。

コンポーネント⑥スプロケ



出典:シマノ – Shimano

スプロケは主にリアタイヤのホイールに付いているギアのことを言います。
ギアの枚数や構成するギア比によって漕ぎ脚が変わるので重要なパーツです。
またホイールに付ける物なので重いと漕ぎ脚に影響するので、ハイグレードになるほど軽量になります。

コンポーネント⑦チェーン



出典:シマノ – Shimano

漕いだ力をタイヤに伝えるチェーンにもグレードがあります。
動きが渋いとペダルから伝わる力が伝わらないので、ハイグレードのものは軽量で動きもスムーズになります。

コンポーネント⑧ハブ


出典:シマノ – Shimano

ホイールの軸部分に取り付けられているベアリングのことを指します。
回転性能がいいと漕ぐ力と回数が抑えられるので、特にロングライドにおいて性能差が表れます。
ホイールの性能と合わせてチェックしたいポイントです。

コンポのグレード

コンポは同じメーカーでも様々なグレードがあります。
今回は完成車によく採用されているSHIMANOのコンポをグレードごとにご紹介します。

SHIMANOコンポ最上級グレード:DURA-ACE



出典:Shimano

SHIMANOの最上級グレードです。
さらにDURA-ACEの中にもR9100シリーズ、R9150シリーズ、TRACKと3種類用意されているので、よりユーザーの好みに合わせたコンポを選ぶことができます。
電子制御の変速機をラインナップしていて、今ではパソコン接続で緻密な設定ができる最先端技術が組み込まれています。
主に40万円以上の完成車に搭載されており、そのままでもレースに十分対応できるものがほとんどです。

SHIMANOコンポ中上級グレード:ULTEGRA



出典:Shimano

DURA-ACEに次ぐ中上級グレードのコンポです。
元々DURA-ACEとの差別化で中級の廉価版として位置付けされていましたが、DURA-ACEの高性能化と下位グレードのラインナップの充実で現在では十分上級モデルとしての性能を有しています。
コンポも長く使うと劣化していくので、特に長距離を頻繁に乗りコンポの消費が激しいユーザーはあえてランニングコストの安いULTEGRAを選び性能を生かすようにしています。
最近では20万円台のミドルクラスの完成車にもよく採用されているので、初心者にも手が出しやすいコンポになりました。

SHIMANOコンポ中級グレード:105



出典:Shimano

中級グレードのコンポセットです。
SHIMANOにおいては中級グレードですが十分性能も高く、スプロケも上級グレードと同じ11速が用意されているので上級グレードにも引けを取らないラインナップです。
最近では20万円以下の完成車にもよく搭載されているので、初心者でも十分狙えるコンポセットです。

SHIMANOコンポ中級グレード:TIAGURA



出典:Shimano

名実ともに中級グレードのコンポです。
品質は十分確保しつつも低価格なので、長距離や今後レースも狙っていきたいユーザーにはこのTIAGURA以上のコンポをおすすめします。
15万円以上の完成車に搭載されているので、エントリーモデルを狙うユーザーにも十分手の届くコンポです。

http://www.wiggle.jp/shimano-tiagra-%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%A9-4700-10%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/

SHIMANOコンポエントリーモデル:SORA



出典:Shimano

SHIMANOのコンポとしてはエントリーモデルに位置します。
クロスバイクにも採用されるモデルなので、デュアルコントロールレバー以外の変速機やブレーキバーもラインナップしており幅広い選択ができます。
10万円以下のロードバイクや、クロスバイクの一種であるフラットバーロードにも採用されているコンポセットです。

SHIMANOコンポ低価格モデル:CLARIS



出典:Shimano

最も低価格帯のコンポセットです。
低価格ながら高グレードのノウハウを盛り込み、バージョンアップごとに性能が上がっています。
10万円以下のロードバイクやクロスバイクに採用されているエントリークラスのコンポです。

SHIMANOコンポ汎用モデル:Turnry



出典:Shimano

ロードバイク用とマウンテンバイク用がラインナップされている汎用コンポセットです。
主にルック車と呼ばれるロードバイクのスタイルをしている自転車に採用されており、TurnryA070を採用しているロードバイクは、コンポだけでなく全体の性能にも注意したいモデルです。
しかし品質はさすがSHIMANOブランドなので動作も正確なので、より安くロードバイクを入手したいユーザーには視野に入るコンポセットです。

完成車選びはコンポ選び

このようにコンポには様々な種類があります。
ロードバイクの性能を大きく左右するパーツとしてフレームもよく挙げられますが、様々な構成要素があるので実際乗ってみないと性能はわかりにくいです。
しかしコンポは明確にグレードが分かれているので、価格を決める要因にもなります。
よりコストパフォーマンスの良いロードバイクを選びたいときは、ぜひコンポにも意識してみてください。

フレームについての詳しい記事はこちら
⇛フレームの違いと選び方