失敗しない!用途別ロードバイクの特徴と選び方(通勤・ロングライド・ポタリング)

Pocket

ロードバイクと言えばツールドフランスのイメージが一般化して、レースに使う物というイメージが強いかもしれません。
しかし実際ロードバイクには様々な用途に対応し、上記したようなレースクラスはもちろん、趣味を前提にしたものや通勤に使えるようなものまで様々なグレードがあります。
今回はロードバイクをより身近に感じるために、ロードバイクの運用法別に特徴とおすすめモデルをご紹介していきます。

身近なものになったロードバイク

もともとロードバイクは舗装路での高速レース専用に開発された自転車です。
今でも高価なレース用ロードバイクの開発は非常に活発ですが、最近では趣味としても確立され、エコで快適な移動手段としても見直されています。
メーカーもレースクラスのものに限らず、初心者にも手の出しやすい低価格のグレードにも力を入れているので比較的安価でも様々な用途のロードバイクを選ぶことができます。

それぞれの用途別にロードバイクを選んでみよう

人によってロードバイクの運用法は様々です。
通勤に使いたいのか、気軽なサイクリングに使いたいのか、長距離を走りたいのかなど使い方はいろいろあるでしょう。
どんなロードバイクでも舗装路なら快適に運用できますが、さらに細かく見るとフレームの素材やデザイン、コンポなどパーツの構成でそれぞれの運用法に適切なロードバイクがあります。
さらに快適なロードバイクを選ぶために、それぞれの用途別にどんなロードバイクが向いているのか考えてみましょう。

フレームについて詳しく知りたい方はこちら
⇛新車購入時は要チェック!ロードバイクのフレームの選び方

コンポについて詳しく知りたい方はこちら
⇛ロードバイクの性能を左右するコンポの違いと選び方

通勤用として考えたロードバイク

通勤用として考えた場合、より安価なクロスバイクを選ぶこともできますが、走行性能ではやはりロードバイクの方が高いといえます。ロードバイクはクロスバイクに比べ軽量なものが多く、スピードも出て疲れにくいので予算に余裕があればロードバイクがおすすめです。
エントリークラスのロードバイクでも通勤に使う程度であれば性能は十分なので、10万円以下のモデルでも快適に通勤できるといえます。
少々距離のある通勤に使う場合にはミドルクラスのロードバイクを選ぶと快適に通勤できるでしょう。
また性能にそこまで依存しない用途なので、デザイン重視で選ぶこともできます。

通勤用ロードバイクについてもっと詳しく知りたい方はこちら
⇛満員電車知らず!快適に通勤できるロードバイク10選

長距離通勤にもってこいのロードバイク【TREK Émonda S 5】



出典:トレック公式

価格:¥220,000(税抜き)
特徴
カーボンフレームを採用しているミドルクラスのロードバイクです。
フレームやコンポーネントにおいても優秀な構成になっているため漕ぎ脚が軽く車体も軽量です。
体力を無駄に消費しないので、片道20km以上の距離のある通勤にももってこいです。

通勤専用におすすめの低価格ロードバイク【GIANT CONTEND 2 2018】



出典:ジャイアント

価格:¥78,000(税抜)
特徴
8万円を切る低価格ながら、ジャイアント持ち前の技術を生かした高品質なアルミフレームを採用しているロードバイクです。
競技的な楽しみをする場合にはさすがにミドルクラスにはかないませんが、10km前後の比較的短距離な通勤であれば十分な性能を有しています。

※下記は同モデルの前年度モデルのご紹介です。

独特なルックスとコンパクトさが売りのドロハンミニベロ【tern Surge】



出典:Tern Bicycles Japan ターン バイシクルズ ジャパン

価格:¥89,000(税別)
特徴
ドロップハンドルのロードスタイルでありながら、小径タイヤを採用しているミニベロと呼ばれる種類のロードバイクです。
タイヤが小さい分トップスピードは伸びないので競技的な楽しみには向きませんが、上り坂では疲れにくくコンパクトなので持ち運びも楽です。
コンポはSHIMANOのロードグレードモデルを使用しているので、通勤用自転車にスペックとオリジナリティを求めるあなたにぴったりです。

ポタリング用として考えたロードバイク

ポタリングも通勤用と同様に、レースをするわけではないのであまりスペックに依存せず楽しめるロードバイクの運用法です。
ロードレースへの参加を考えると、まず参加するレースに見合ったロードバイクを選ぶ形になります。
逆にポタリングは購入する予算をベースにどういったロードバイクを購入できるか考え、購入したロードバイクの性能で無理のない楽しみ方ができる気軽な趣味です。
なので予算やデザインから好みの一台を選んでも十分楽しめます。

ポタリング用ロードバイクについて詳しく知りたい方はこちら
⇛肩ひじ張らずに楽しめる!ポタリングにおすすめのロードバイク10選

軽量さと柔軟性を併せ持つロードバイク【colnago AIR 105】

出典:AIR 105 – 製品カタログ|コルナゴ-colnago
価格:¥195,000(税抜)
特徴
アルミを主体にしたフレームに、カーボンを一部組み込むことで軽さと柔軟性を両立したフレームを採用したロードバイクです。
ミドルグレードのロードバイクとしては比較的安価ながら、長距離のポタリングにも十分対応する一台です。

スマートなエアロフレームで快適にポタリング【MERIDA SCULTURA 100】

出典:メリダ ‐MERIDA- | ラインナップ | ロードバイク | RIDE 400
価格:¥93,900(税抜き)
特徴
全体的に細身なデザインのフレームが特徴的なロードバイクです。
スマートな見た目ながら空気抵抗も考慮したデザインになっているので、距離のあるポタリングも快適にこなせるロードバイクです。

ロードバイク初心者にも乗りこなしやすい一台【JAMIS VENTURA SPORT】

出典:ventura sport – Jamis Bicycles
価格:¥85,000(税抜)
特徴
比較的上体を起こした乗車姿勢を保てるので、初心者でも無理のないライドが楽しめるロードバイクです。
特に初心者が短距離のポタリングを楽しみたいときにおすすめできる一台です。

下記は同系列の上位モデルです。

ロングライド用として考えたロードバイク

ロングライドはロードバイクの性能にこだわることでより快適に楽しめるようになります。
ロングライドでは搭乗者の体力が物を言いますが、ロングライド用に考えられたロードバイクを選ぶことでより体力を温存することができます。
舗装路でも道に段差はあるので、段差から受ける衝撃を吸収するクッション性と、かつ漕いだ力を無駄にしない剛性を併せ持つフレームが必要です。
またコンポも一定のグレードを選ぶことでより体力の消費を抑えることができるので、完成車の場合はコンポのグレードも意識してみましょう。

ロングライド用のロードバイクについて詳しく知りたい方はこちら
⇛ロングライドの相棒にぴったりのロードバイク10選

ロングライドに定評のあるピナレロ社の一台【PINARELLO  ROKH 2017】



出典:ピナレロジャパンオフィシャルサイト

価格:¥325,000(税抜)

特徴
ロングライド用のロードバイクに定評のあるピナレロ社が「ロングライドにはこれ」と自信を持って打ちだしているモデルです。
カーボン素材のフレームは衝撃吸収性を重視して設計され、ロングライドでも地面から伝わる衝撃を和らげてくれます。
コンポは中上級グレードの105系を採用しており、他社の105系採用モデルと比較すると高い印象ですがその分フレームに力を入れていることがわかります。

神話を現実に【SPECIALIZED  Roubaix Elite 105 2017】


出典:スペシャライズド – Specialized Bicycle Components | Specialized

価格:¥260,000(税抜)

特徴
『完璧な道路というのは神話の中にしか存在しません。路面には段差や割れ目などが必ずあるからです。しかし、すべてが新しいRoubaix Eliteに乗れば、無駄な労力をかけずに、荒れた舗装路もスムーズに走れます。』
そんな最高に購買意欲を誘う売り文句から誕生したのがスぺシャライズド社のRoubaix Eliteです。
売り文句からわかるとおり、フレームのクッション性を重視して設計されたモデルです。
ブレーキも天候や道路状況に左右されにくいディスクブレーキが採用されているので、長距離を運行中に急な雨に見舞われても安心です。

世界最高法のアルミフレーム【GIANT  TCR SLR 2 2018】



出典:ジャイアント

価格:¥175,000

特徴
世界最高峰のアルミ加工技術を持つGIANTのロードバイクです。
この価格帯では珍しく105系コンポを搭載したコストパフォーマンスの高い一台です。
2018年からはより軽量でロングライドにもってこいのチューブレスタイヤを採用しているので、なるべく安くロングライド用のロードバイクを探している方にはぴったりです。

下記は同一モデルの前年型です。チューブレスタイヤは装備しておりません。

具体的に用途を考えてロードバイクを吟味しよう

このように一口にロードバイクといっても様々な意図をもって作られた物があります。
ロードバイクに興味を持った動機は様々だと思いますが、実際にロードバイクを買ってどう使いたいのかを一度妄想してみましょう。
週末に時間をかけて長距離を走りたいのか、街中をゆったりと移動しながら楽しみたいのか、通勤や通学に使用したいのか。
使うであろう状況やルートを妄想すると、おのずとどういう性能があるといいのかが見えてくると思います。
メーカーは必ずロードバイクに意図をもって作っているので、その意図する性能が自分の妄想に一致するか吟味して、自分に合う最高の一台を選んでみましょう。

場合によっては、マウンテンバイクやクロスバイクも視野に入ってくることがあります。
ほかのスポーツサイクルにも興味があるかたはこちらをご参考にしてください。
⇛初めてのスポーツサイクル。マウンテンバイク・クロスバイク・ロードバイク違い