初めてロードバイクに乗る人の為の選ぶポイント

Pocket

最近増えてきたロードバイク

最近、ロードバイクに乗っていると街でも山でもロードバイク乗りを多く見かけるようになりました。それだけ最近はロードバイクが流行っているのだと実感します。
そんなロードバイク乗りを観た影響か、または雑誌や友達からの影響なのか、ロードバイクに乗りたいと思ってもらえる事はロードバイク乗りとしてはとても嬉しい事です。
今回は、初めてロードバイクを購入する方向けに、購入する際ののポイントを書いていきます。

初めてのロードバイクの注意点

ロードバイク購入時のポイント①予算

まず初めにロードバイクを買うには予算が必要になります。
ロードバイクを買う基準として最低でも8万円は用意していただきたい金額になります。

8万円以下のロードバイクになってしまうとしっかりとした自転車メーカーのロードバイクではない場合が多いです。

その為、買ってから壊れやすくメンテナンスを受けられない場合があります。

自転車専門店で店員さんに相談するのが安心です。

ロードバイク購入時のポイント②自転車の素材

次のポイントは自転車の素材です。

素材は、スチール、アルミ、カーボン、クロモリ、など沢山ありますが、初めてロードバイク買う方はアルミの自転車をオススメします。

アルミのロードバイクなら10万円前半の予算でメーカーや色など種類も色々と選べると思います。

その中から一目惚れした自転車を選びサイズを確認してもらうと良いと思います。

なぜアルミのロードバイクかと言いますと、予算と性能のバランスが良く、初心者にちょうどよいからです。アルミよりも軽くて丈夫なカーボンだと高額になってきます。

ロードバイクを乗るようになるとビンディングペダル(ペダルと靴を固定)を履くようになりますが、慣れない時に一度は転ぶ事になります。

カーボンのロードバイクは当たり所が悪いとすぐ破損してしまう恐れがありますので、最初はアルミを乗り潰してロードバイクに慣れていく事が大切です。

ロードバイク購入時のポイント③バイクの備品

初めのうちはロードバイク本体の予算も必要ですが、その他の備品にもお金が必要になります。

鍵、空気入れ、パンクキット、ライト、サイクルコンピュータ、ビンディングシューズとペダルなども予算に含めてロードバイク選びを楽しむ事が大切です。

世界最大級のサイクルショップ

また、ロードバイクはパーツを変える事もできます。一番重要なパーツはホイールです。ホイールを変えるだけ走りが劇的に変わるからです。

なので、まずはアルミのロードバイクから始めてみて、ホイール変更して学んでいき、そのステップアップとして2台目にカーボンバイクに乗り換えるのも良いのかと思います。

また、長旅などするのではれば3台目はクロモリの素材を使ったロードバイクもおすすめです。

衝撃吸収性が高くカーボンより重さはありますが、頑丈なのが特徴です。

エントリーモデルとしてはアルミ素材のロードバイクから徐々に色々なロードバイクを目指していくと良いと思います。