ロードバイク初心者・中級者・上級者が意識するポイントとお勧めモデル

Pocket

ロードバイクには10万円以下のものから、100万円以上のものまで様々なラインナップがあります。

自分のレベルに合わせたロードバイク、もしくは自分に目指すレベルのロードバイクを選ぶことで快適な自転車ライフを送ることができます。

今回はロードバイクのレベル別に、どういったユーザーに向いているのか考えてみましょう。

 

ロードバイクのレベルを考える意味は?

ロードバイクに限らず、大きい買い物をする時にまず優先されるのは予算になると思います。

ロードバイクの場合、性能がさまざまあり価格が性能に左右されます。
一台の値段も大きく、買い替えとなるとまた大きなコストがかかることになります。

なので少ない予算で安いものを買ってしまうと、乗り換えを考えた時にまさに安物買いの銭失いとなってしまうのです。
もちろん安いものが全くダメということではなく、それぞれ想定する運用法が変わってくるのでまずはそれぞれの特徴を考えてみましょう。

 

 

レベル別のロードバイクの選び方

まずは自分のレベルの場合どういったロードバイクを選ぶべきなのかを考えてみましょう。
趣味乗りの場合は厳密にレベルが決まっているわけではないですが、ある程度どの段階に居るのか自覚することでより最適な一台を選びやすくなります。

 

初心者のチャリダーが意識するべきポイント

まったくロードバイクの経験がない、もしくは経験の浅いユーザーはまずはロードバイクとはどんなものなのかを考えてみましょう。

基本的な選び方や運用法を抑えておくことで失敗のないロードバイク選びができ、トラブルも減らすことができます。

場合によってはクロスバイクやマウンテンバイクの方が運用法に適している場合もあるので、視野に入れて検討してみてください。

 

初めてのスポーツサイクル。マウンテンバイク・クロスバイク・ロードバイク違い

 

初心者におすすめのロードバイク

初心者の場合、今後どういったレベルを目指すかによって購入を狙うクラスが変わってきます。

移動手段として想定している場合、10万円前後のエントリークラスのロードバイクで十分と言えます。

今後長距離を移動したり、レースに参加したりすることを想定している場合は15~30万円のミドルクラスのロードバイクを購入するとよいでしょう。

エントリークラスとミドルクラスには引き出せる性能の限界に差があります。

今後より高い性能が欲しくなった場合、エントリークラスだとまるまる乗り換えする必要がありますが、ミドルクラスのロードバイクの場合はパーツのアップグレードで上級グレードに近づけることもできます。

逆にロードバイクの運用に心配がある場合は、シクロクロスという幅広い運用法に対応できるタイプのロードバイクを選んでもよいでしょう。

 

エントリークラスのロードバイク【GIANT CONTEND 2 2018】


出典:ジャイアント

価格:¥78,000(税抜)
特徴
GIANT社の入門用ロードバイクです。ロードバイクの中でも特に安いモデルですが、ロードバイクとしての性能は十分有していると言えます。

下記は同モデルの前年モデルです。

 

初心者におすすめのミドルクラスのロードバイク【Bianchi SEMPRE PRO】

出典:ビアンキ – Bianchi
価格:¥210,000(税抜)
特徴
フレームの構成すべてが軽量で柔軟なカーボン素材でできているロードバイクです。
そのままでも十分な性能があり、フレームもしっかりしているのでパーツを交換し長く付き合える一台です。

下記は同型の2015年モデルです。

 

初心者におすすめのシクロクロス【MERIDA CYCLO CROSS 500】



出典:メリダ -MERIDA- | ラインナップ | シクロクロス | CYCLO CROSS 500

価格:¥149,900(税抜)
特徴
乗りやすい乗車姿勢が特徴のシクロクロスです。
今後高速巡航したい場合にはタイヤを変更することで対応できます。

 

初心者向けロードバイクについて詳しく知りたい方はこちら!

【初心者向け】初めてでも失敗しないロードバイクの選び方とおすすめモデル10選

 

 

中級者のチャリダーが意識するべきポイント

ロードバイクの扱いにある程度慣れてくると、エントリーモデルでは性能に不満が出てくるようになります。

メンテナンスの知識もある程度ついてきたら、ちょっとこだわってミドルクラス以上のロードバイクを選んでみましょう

最初にミドルグレードのロードバイクを購入している場合、今持っているバイクのコンポやホイールなどパーツを組み換えてみるのも方法の一つです。

コンポについてはこちら:コンポの違いと選び方

 

中級者におすすめのロードバイク

20万円~50万円のミドルクラス以上のロードバイクを、細かなポイントにこだわって購入してみるとよいでしょう。

パーツの構成やフレームの素材を吟味することでより性能の良い一台を選ぶことができます。

ロードバイクにもロングライド用、ヒルクライム用、オールラウンド用と様々なモデルがあり、得意なシチュエーションが違います。

迷った場合はオールラウンドで対応するのも手ですが、長距離を走ったり、いつものルートに坂が多い場合には適応するフレームを装備しているモデルを選ぶと快適に運用できるようになります。

 

 

マルチに対応するミドルクラスモデル【GIANT PROPEL ADVANCED 1】


出典:ジャイアント
価格:¥250,000(税抜)
特徴
長距離は勿論、上り坂、レースまで想定されているマルチなロードバイクです。
非常にコストパフォーマンスもよく、パーツ構成を見ると30万クラスのモデルにも見劣りしないおすすめの一台です。

下記は同グレードのフレームを採用した上級クラスのご提案です。

 

 

中級者におすすめのロングライド向けモデル【PINARELLO  ROKH 2017】



出典:ピナレロジャパンオフィシャルサイト

価格:¥325,000(税抜)
特徴
ロングライド向きのロードバイクに定評のあるピナレロ者が開発したカーボン素材のフレームは衝撃吸収性を重視して設計され高い評価を得ています。
同グレードのコンポ採用者と比べて値段の高い印象ですが、その分ハイグレードのフレームを採用しているので初級・中級者が購入しても長く付き合える一台と言えます。

 

中級者におすすめのヒルクライム向けモデル【SCOTT ADDICT 20】


出典:ADDICT 20 – SCOTT JAPAN

価格:¥369,000(税抜)
特徴
ヒルクライム向けに設計されたフレームは軽量で剛性があり漕ぎ脚も快調です。
コンポも中上級グレードULTEGRAを採用しているので完成度の高いロードバイクです。

下記は同車種の上位互換の2014年モデルのご紹介です。

 

中級者向けロードバイクについて詳しく知りたい方はこちら!

【中級者向け】ワンランク上のロードバイクの選び方とおすすめモデル10選

 

 

上級者のチャリダーが意識するべきポイント

扱いにも慣れ、体力も十分付いてくると、よりロードバイクの性能が顕著に感じられるようになります。

ハイエンドのロードバイクの場合、出せる性能の限界に違いが出てくるので、ハイエンドモデルを選ぶことでより成績アップを目指すことができます。

レースに参加してみるのも自分の実力を測るには有効なので、その場合はレースクラスのロードバイクを選ぶのも一つの方法です。

 

上級者におすすめのロードバイク

ハイエンドモデルの場合、技術を結集させプロチームの要望にもこたえられるようなクオリティの高いモデルばかりです。

ただし上級者だからハイエンドモデルを選ばなければ楽しめないというわけではなく、ミドルグレードを乗り換えて楽しんだり、フレームから自分好みの一台を組むという楽しみ方もあります

 

トップレベルのおすすめロードバイク【TREK Madone 9.5 2017】



出典:Madone | Trek Bikes (JP)

価格:¥860,000(税抜)
特徴
最上級レベルのフレームを使用した最高レベルの空力性能を実現したエアロロードです。
TREK社独自のIsoSpeedというフレームを分割した構造が、いままで難しかったエアロロードの柔軟性UPを実現しています。

 

プロも使用している上級モデル【PINARELLO DOGMA F10】



出典:DOGMA F10 – PINARELLO JAPAN | ピナレロジャパン オフィシャルサイト

価格:¥1,180,000(税抜)
特徴
ロードレース界のトップ選手、クリス・フルームが使用しているロードバイクです。
空力、剛性、重量とすべてのポイントに長けているピナレロ社の傑作と言えます。

 

上級者も納得のミドルグレードモデル【NEILPRYDE  ZEPHYR ULTEGRA6800】



出典:NEILPRYDE ニールプライドバイク ジャパン

価格:¥379,800(税抜き)
特徴
カーボンの特性を最大限活かしたロングライドに向いているロードバイクです。
フレームの粘りが強く、衝撃吸収性に長け独特の漕ぎ味が体感できます。

一から組む場合におすすめのフレーム【FELT 2017 AR FRD フレームセット】



出典:FELT

価格:¥468,000(税抜)
特徴
空力、剛性、重量、デザインすべてにこだわられたフレームセットです。
このフレームは完成車としては販売されておらず、あくまでオリジナルのロードバイクを作るためだけに発売されているフレームです。
フレームから組む場合にはいつか狙いたい最高峰のモデルです。

 

上級者向けロードバイクについて詳しく知りたい方はこちら!

【上級者向け】上級モデルを選ぶポイントとおすすめロードバイク10選

 

レベル別にロードバイクを選んでコストダウン

このように様々なロードバイクには様々なグレードがあり、それぞれに合った運用法があります。

上級者を目指す場合にエントリーモデルを買うと乗り換えが必至になり、コストがよりかかってしまいます。
逆に特性が分からずハイエンドに手を出してしまうと、性能があまり実感できません。

今の予算というよりも、長期的な運用を見越して長く付き合えるロードバイクを選んで楽しみましょう!