通勤・ボタリング・ロングライド、目的別おすすめロードバイク!

投稿者:

ロードバイクを購入する際の目的とは?

ロードバイクを買う時に色々な目的で購入されると思います。
私はロングライドを目的に自転車を乗っておりますが、通勤をより楽にされたい方や、ポタリングのように街でカフェ巡りで使用されたい方、私のようにロングライド目的の方など、様々な用途があります。

自分の用途に合うのはどのようなロードバイクだろうかと悩まれる方も多いと思いますので、用途に合わせた自転車選びについて今回はこの3つの目的別にロードバイク3選を書いていきたいと思います。

目的別おすすめのロードバイク

通勤に使えるロードバイク3選

まずは、ロードバイクを始めるきっかけとして増えてきた、自転車通勤でロードバイクに挑戦したいという方におすすめしたいロードバイクです。

【通勤に使えるロードバイク①】GIANT CONTEND 2

CONTEND 2 ¥78,000(税抜価格)

1台目がジャイアントのコテンド2です。

カラーバリエーションも豊富に用意されており、重量は10キロを切っており非常に軽量です。

ロードバイクで約8万円というのは非常に低価格の部類に入りますが、自転車大国の台湾の大手メーカーのジャイアントなら、品質も安心できます。

【通勤に使えるロードバイク②】GIOS FURBO

GIOS FURBO ¥108,000 (税抜)

2台目ですが、ジオスのフルボです。価格は10万円ほどです。

先ほどのジャイアントに比べると少し料金が高くなりますが、クロモリフレームとジオスブルーの色をつかった愛着の湧く1台です。

イタリアらしいおしゃれなデザインですので通勤でも格好良く乗れます。

【通勤に使えるロードバイク③】COLNAGO MONDO TIAGRA

COLNAGO MONDO TIAGRA 完成車価格 ¥150,000(税抜)

3台目がコルナゴのモンド2.0、価格は15万円です。

フォークのみカーボンを使用しており、通勤でも休日のロングライドでも対応できる自転車になると思います。

普段はママチャリしか乗ったことがないという方にはロードバイクの姿勢からスピードに驚いてしまうには十分の性能を持っていると言える入門ロードバイクです。

おこずかいを貯めて来年からロードバイク通勤を目指すのもいいかもしれませんが、会社で着替えるスペースがあれば尚良いです。

以下の記事で更に詳しく説明しています。

満員電車しらず!快適に通勤できるロードバイク10選

ボタリングに使えるロードバイク3選

次に、ポタリング目的のロードバイクについてです。

ビアンキ ANCORA

BIANCHI ANCORA ¥160,000(税抜)

休日にちょっと頑張って海の見えるカフェや街中に最近できたカフェにおしゃれにロードバイクでいきたい。

そんなオシャレさんにおすすめするロードバイク1台目は、ビアンキのクラシックモデル ANCORA。価格は16万円コンポはシマノのティアグラ仕様。

映画のワンシーンに出て着そうなおしゃれ感を漂わせておりますので、是非女性に乗っていただきたい1台です。この自転車でカフェに現れたらみんなの注目の的になってもおかしくないです。
サドルは革でできておりますので、使ったら使っただけお尻にフィットしてきます。カラーはビアンキ独特のチェレステクラシコという青のような緑の綺麗な色を使用しております。

CINELLI EXPERIENCE

CINELLI EXPERIENCE ¥190,000(税抜)

2台目におすすめしたいのが、チネリのイクスピリエンス 価格は19万円です。

チネリの特徴は独特なカラフルさとチネリの羽の生えたエンブレムマークです。かわいいロードバイクです。

GIOS VINTAGE

GIOS VINTAGE ¥126,000

3代目におすすめのポタリング向け自転車は、ジオスのビンテージです。価格は12万円です。

なんとフレーム全体がイタリアカラーになっており、すごく目立ちます。街中に自然と馴染める非常におしゃれなモデルとなっています。私もポタリング用として購入しようと思っております。

詳細を以下の記事で説明しています。

肩ひじ張らずに楽しめる!ボタリングにおすすめのロードバイク10選

ロングライドにオススメのロードバイク

次に、ロングライドでおススメのロードバイクになりますが、ここから完成車の価格が高くなってきます。

Specialized S-WORKS TARMAC

Specialized S-WORKS TARMAC108万円

まず初めにおすすめしたいのがスペシャライズドのS-WORKS TARMAC。価格は108万円と非常に高額になりますが、このレベルの完成車になりますと、ついているコンポーネントも最上級のデュラエースを使用しております。

たまにレースやロングライドで乗っている方を拝見すると、非常に羨ましく思う1台です。

 

GIOS GRESS

GIOS GRESS 238,000円

続いてロングライドでおすすめしたい2台目の自転車ですが、これは私が乗っている自転車となります。ジオスのグレス価格は23万円ほどになります。

このレベルの自転車からやっとフルカーボン仕様のロードバイクになりますので本当に軽いです。またこの自転車はホリゾンタルフレームになっております。

ホリゾンタルとはトップチューブが地面と平行なのが特徴です。そのお陰でフレームの三角形が大きくなります。なのでフレームバックなどの取り付けが余裕もっておこなえます。

軽くて荷物も詰めてお気に入りでおススメのロードバイクです。

PANASONIC ORCC31

PANASONIC ORCC31 228,000円(税抜)

最後になりますが、ロングライドでおすすめしたい3台目のロードバイクは、パナソニックのORCC31です。完成車価格は23万円ほどになっております。クロモリのロードバイクですが、クロモリは衝撃吸収に長けております。

さらに、クロモリはカーボンに比べてサビに弱い部分はありますが、それでも頑丈です。カーボンが横倒れや、当たり所が悪いと割れてしまうのに比べて、クロモリの自転車なら300キロを超えるロングライドでも安心して旅に出かける事ができると思います。

さらに、このパナソニックのクロモリはオーダーでフレームを作る事ができますので、サイズはもちろんですが、自転車の色など自分オリジナルの自転車にすることができ愛着が湧くのは間違いないと思っております。

以下の記事でロングライドの詳細について説明しています。

ロングライドの相棒にピッタリのロードバイク10選

 

以上で各目的別に合わせたロードバイク3選とさせていただきます。

私がジオスのロードバイクに乗っているという事もあり全体的にジオス押しになっている面はありますが、どれも素晴らしいロードバイクだと自身をもって言える選択だと思います。自転車選びの参考にしていただけなら幸いです。