世界最古の自転車メーカーBianchiの特徴とおすすめロードバイク10選

Pocket

世界最古の自転車メーカー、ビアンキ。

夏らしい印象的なチェレステカラーがイメージカラーで、日本でも大人気のメーカーです。

今回はそんなビアンキの特徴・評判と、おすすめモデル10選をお送りします。

 

Bianchiってどんなメーカー?



出典:Bianchi BIKES ROAD

ビアンキは1885年創業のイタリアの自転車メーカーで、現存する中では最古の自転車メーカーです。

チェレステカラーと呼ばれる独特のエメラルドブルーのようなイメージカラーを持ち、ビアンキのロードバイクを街中で見かけると、「お、ビアンキだな」と一目で分かります。

歴史の長いメーカーでもあるのでグランツールでの優勝車も多く輩出しており、高いブランドイメージを持ちます。

 

Bianchiの評判は?



出典:Bianchi ARCHIVES

ロードバイク、クロスバイク、MTBそれぞれ安定したシェアを得ているメーカーです。

広く流通していてチェレステカラーのおしゃれなイメージもあり、特に初心者が最初に買うブランドとして人気が高いように見えます。

ただ残念なことに、日本で2008年にビアンキブランドのクロスバイクに採用していたフロントフォークが走行中に破断し落車。搭乗者の方が重い後遺症を伴う事故が起きました。

実はそのモデルは系列の会社が製造したバイクにビアンキブランドを付けただけのいわばビアンキのルック車で、賠償責任もビアンキではなく製造元になりましたが、大々的に報道されたこともありビアンキブランドの評判も落ちる形になりました。

しかし事故から10年が経とうとしていますが、同様の事故が発生していないので改善されていると考えてよいですし、ここ数年品質もより向上しているので見逃せないメーカーの一つであることは間違いありません。

 

Bianchiのおすすめロードバイク10選

 

【VIA NIRONE7 Claris】



出典:Bianchi

価格:¥105,000(税抜)
特徴
Bianchiの中でエントリークラスのロードバイクです。
同シリーズにクロスバイクのラインナップもあり、それに合わせて乗りやすいポジションをとれるジオメトリーなので、初心者にも乗りやすいモデルです。
ロングライドでも負担が少なく、フレーム剛性が高いのでガツガツ乗れる一台です。

 

【ANCORA Tiagra】



出典:Bianchi

価格:¥160,000(税抜)
特徴
クラシックなデザインのクロモリロードです。
サドル、グリップ、ペダルに至るまでクラシックなデザインを重視し、変速機も懐かしのダブルレバー式。
レース用ではないので走行性能は劣りますが、クロモリフレームは頑丈で街中をポタリングするときにもってこいの一台です。

 

 

【INTENSO 105】



出典:Bianchi

価格:¥208,000(税抜)
特徴
安価ながらカーボンフレームを採用したロードバイクです。
柔軟なフレームなのでレースよりは中~長距離移動やポタリングなどの用途に向いているモデルです。
趣味乗りや普段乗りでより快適な運用をしたい場合におすすめです。
下記はコンポにSORAを採用したモデルです。

 

 

【SEMPRE PRO 105】



出典:Bianchi

価格:¥210,000(税抜)
特徴
こちらも安価ながらカーボンフレームを採用したロードバイクです。
インテンソに対し、こちらはカッチリしたフレームでスピード重視の一台です。
トップスピードが要求されるレースや、ヒルクライムなどレースを想定した運用に適した一台です。
下記は同モデルの2015年式です。

 

 

【FENICE PRO CAMPAGNOLO CENTAUR】



出典:Bianchi

価格:¥270,000(税抜)
特徴
ビアンキらしい大胆なカラーリングの光る一台です。
アルミ合金フレームですが完成車で7kg台とかなり軽量を実現したモデルです。
けして貧弱ではなく硬めのフレームなので、ヒルクライムで力を発揮する一台です。

 

 

【OLTRE XR3 105】



出典:Bianchi

価格:¥330,000(税抜)
特徴
Bianchiの2018年のニューモデルとして新たにラインナップされたシリーズです。
上位グレードのXR4で培った技術をふんだんに盛り込みつつ、より一般向けのジオメトリーを採用して乗りやすさを考えられた設計になっています。
中上級者は勿論、初心者にも乗りやすい一台に仕上がっています。

 

 

【ARIA ULTEGRA】



出典:Bianchi

価格:¥348,000(税抜)
特徴
Bianchiの2018年ニューモデルの注目株になりそうなのが、新ラインナップとして登場したこのロードバイク、ARIAです。
カーボンフレームを採用し、シートポストまで空力にこだわった本格的なエアロロードに仕上がっています。
ミドルクラスで本格的なエアロードの導入を検討している方におすすめの一台です。

 

 

【INFINITO CV DISC】



出典:Bianchi

価格:¥450,000(税抜)
特徴
カーボンフレームを採用したミドルクラスのロードバイクです。
元々石畳などの若干衝撃の強いオンロードを走ることを想定したモデルなので、衝撃が伝わりにくく長距離でも体への負担がかかりにくい構造を取り入れています。
レースを前提に設定されているので加速レスポンスもよく、長距離のロングライドにもレースにも適した一台です。

 

 

【OLTRE XR4 ULTEGRA Di2】



出典:Bianchi

価格:¥880,000(税抜)
特徴
ビアンキの誇るレースグレードのロードバイクです。
ロードレーサー向けの空気抵抗にまでこだわったジオメトリーにフレームの空力設計と随所にこだわられた一台です。
完成度が高くマルチに活躍できるXR4がレーサーの力を最大限に引き出します。

 

 

【SPECIALISSIMA SRAM E-TAP】



出典:Bianchi

価格:¥1,500,000(税抜)
特徴
XR4と並びビアンキの中で二大政党となっているのがこのスペシャリッシマです。
一件シンプルに見えるフレームは、細かな立体構造で強度を十分に生かす設計で軽量化にも成功しています。
ペダルの力がぐいぐいとスピードに反映されるところはビアンキの培った技術とデータのなせる技と言えるでしょう。

 

入門から長く付き合えるのがビアンキ

ロードバイク乗りは、ブランドへのこだわりが強く同じブランドに乗り続ける方も多いです。

ビアンキは独特なデザインで初心者の興味を引き、手の出しやすい価格でカーボンロードにも手が届き、こだわりのトップグレードまでと一生付き合えるブランドです。

走行性能もトップ選手お墨付きですので、チェレステカラーの誘惑に惑わされちゃいましょう!