トップシェアを誇るGIANTの特徴とおすすめロードバイク10選

Pocket

自転車に置けるアジアの巨人といえば、台湾のGIANTです。

元々製造を請け負う一工場にすぎなかったGIANTが、今ではロードバイク界において一目をおかれるどころかトップシェアを持つ大企業になりました。

今回はそんなGIANTの特徴・評判と、おすすめのロードバイク10選をご紹介します。

 

GIANTはどんなメーカー?



出典:ジャイアントストア

1972年に創設者のキング・リュウ氏が海外メーカーの自転車を製造する工場として起業したのがGIANTの始まりです。

後にビーチサイクルなどを主力に展開するSCHWINN社との契約で技術を培い、ロードバイクをはじめとした自社ブランドを多数展開している現在においても他社のフレームの製造を続けています。

日本においてはイオンバイクが一般向けグレードを展開しているmomentumブランドの自転車がGIANTの工場で生産されていることが有名です。

GIANTブランドのスポーツサイクルに関してはGIANT JAPANが主力製品の流通をになっており、関東を中心にジャイアント製品の専門店も展開しています。

 

GIANTの評判は?



出典:ジャイアントストアのレンタサイクル

ロードバイク乗りからの評価は真っ二つに分れています。

バイク自体はロード、MTB、クロスそれぞれ性能も品質もお墨付きで高い評価を得ています。

価格も安く、コストパフォーマンスも高いと好評です。

反面、アジアの工場が製造していること、また価格が安く初心者ユーザーやロード乗りでないユーザーも多いことで古株のロードバイク乗りからすれば初心者の乗るものと揶揄されることもあります。

ロード乗りには品質以前にブランド意識が高く、やはり「ロードバイクの本場はヨーロッパ」という意識が深く根付いているのでジャイアントやメリダを低く見るような人がいるのも事実です。

筆者もロード、MTB、クロスそれぞれジャイアントを愛用してどれも品質の高さを実感していますが、ロード仲間には「GIANT選べば間違いない」という人と「他のメーカーの方がいいのでは」と意見が二分しています。

上級グレードの品質もプロレーサーのビッグレースでの成績を見れば高いと言えます。

ジャイアントのロードを購入しようとしている方がネットで批判的な意見を見てしまっても、あくまで批判的な意見は品質や性能に対するものではないという点を理解して選ぶとよいでしょう。

 

GIANTのおすすめロードバイク10選

 

 

【CONTEND 2 】



出典:2017 Giant Bicycle

価格:¥80,000(税抜)
特徴
GIANTにおいて最低価格帯のロードバイクです。
2018年モデルから値上がりしましたが、それでもどのメーカーと比べてもかなり安い価格で提供できているのはジャイアントだからこそできる技と言えます。
もちろん上位グレードに比べれば性能に劣るのは否めませんが、それでもこの価格なら通勤通学やロードバイクの練習用として十分視野に入れることができます。

こちらは2017年モデルのご紹介です。

【CONTEND SL 1 DISK】



出典:2017 Giant Bicycle

価格:¥155,000(税抜)
特徴
CONTENDよりももう少し性能を上げて安いモデルが欲しいと思ったらこのCONTEND SLシリーズがお勧めです。
CONTENDに比べ、ハンドリングや衝撃吸収性を上げたのがCONTEND SLのフレームです。
コンポも105を採用していながら安価なので、中長距離のサイクリングを想定している場合にはこちらを選ぶとよいでしょう。

 

 

【TCR SLR 2 】



出典:2017 Giant Bicycle

価格:¥175,000(税抜)
特徴
アルミフレームながら完成車で8kgを切る軽量のロードバイクです。
ジャイアントのロードバイクにおいて主力になるTCRシリーズで、レースグレードとしても遜色ないアルミロードです。
上級グレードのULTEGRAを採用した完成車もあり、アルミロードと言えばキャノンデールのCAAD12が有名ですがアルミ製造なら負けていないというジャイアントの真価が表れたロードになっているといえます。

 

 

【DEFY ADVANCED 2】



出典:2017 Giant Bicycle

価格:¥210,000(税抜)
特徴
ジャイアントのミドルグレードとして人気なのがDEFYシリーズです。
フルカーボンのフレームは高速巡航性、衝撃吸収性両方に秀でていて、レースにも十分対応します。
スピードを出しやすく無駄な体力消費を抑えるので、特にロングライドに向いているモデルと言えます。

下記は同等のフレームを採用しコンポの異なる2015年モデルのご紹介です。

 

 

【TCR ADVANCED 1 KOM】



出典:2017 Giant Bicycle

価格:¥240,000(税抜)
特徴
ロングライド向けのDEFY ADVANCEDに対して、ミドルグレードのヒルクライム用としてお勧めなのがTCR ADVANCED 1 KOMです。
KOMは「King Of Mountain」の略で、日本で言うところの山岳賞のこと。まさにヒルクライムにうってつけのモデルとして打ち出されたのがTCR ADVANCED 1 KOMです。
高剛性で軽量なカーボンフレームは、上りでの強い味方になること間違いないといえます。

 

 

【TCR ADVANCED PRO TEAM】



出典:2017 Giant Bicycle

価格:¥350,000(税抜)
特徴
フルカーボンフレームをプロチームサンウェーブカラーでラインナップしたTCR ADVANCEDです。
コンポは上級グレードのULTEGRA、ホイールもカーボンリムのチューブレスを採用しています。
Mサイズでカタログ値6.9kgと軽量フレームを採用しながら、このパーツ構成は驚異のコストパフォーマンスです。

 

 

【DEFY ADVANCED PRO 1】



出典:2017 Giant Bicycle

価格:¥370,000(税抜)
特徴
フルカーボンのエンデュランスロードです。
衝撃吸収性も高く、ホイールベースも長いので安定性と、ポイントを抑えた剛性設計でスピード感も抜群です。
特にロングライドの趣味乗りではぴか一の性能を発揮するでしょう。

下記は同モデルの2015年式のご紹介です。

 

 

【DEFY ADVANCED PRO 0】



出典:2017 Giant Bicycle

価格:¥480,000(税抜)
特徴
DEFY ADVANCED PRO 1に比べ、変速機に電動式のULTEGRA Di2を装備しよりレーシーな構成になっています。
エンデュランスモデルということもあり、趣味乗りとしては最上級の乗り心地を提供してくれるモデルです。

 

【PROPEL ADVANCED PRO 0】



出典:2017 Giant Bicycle

価格:¥530,000(税抜)
特徴
ジャイアントの誇るレースグレードのPROPELのアッパーミドルの一台です。
フルカーボンフレームはエアロ構造になっており、空気抵抗を抑えるためブレーキも自社開発のオリジナルです。
レースでも十分対応してくれる信頼性の高い一台と言えます。

 

 

【PROPEL ADVANCED SL 0】



出典:2017 Giant Bicycle

価格:¥780,000(税抜)
特徴
PROPELシリーズの最高傑作といえるエアロロードです。
最上級を謳うエアロフレームは剛性と軽量を兼ね備え、ヒルクライムもスプリントバトルも対応するマルチなエアロロードです。

下記は同モデルの2014年式のご紹介です。

 

アジアの巨人はロードバイク界のトヨタ!?

ジャイアントはロードバイク界において、トヨタのようなイメージを持ちます。

アジアのメーカーで、初心者から上級者まで満足できる高品質なモデルを発売している点に近いイメージがあります。

スポーツサイクルをはじめたいとき、性能と品質を考えるとまず間違いないメーカーと言えます。

ジオメトリー的に日本人も乗りやすく、女性向けのブランド(Liv)を展開するなど今後も期待の出来る自転車メーカーがジャイアントです。