ロードバイクはこれさえ見れば間違えない!ロードバイクの選び方完全保存版!

Pocket

ここ数年、ロードバイクの需要は劇的に高まりました。

エコで健康的な移動手段の一つとして、趣味の一つとして活用され、よく街中でも見かけるようになりました。

しかしこれからロードバイクを始めようとした時、様々な種類がありどうやって選べばいいのか悩んでしまったことはありませんか?

そこで今回は、ロードバイクの選び方を徹底的にご紹介します!

これさえ読めばロードバイク選びはもう完璧!?

 

ロードバイクって具体的にどんな物?

出典:Liv Cycling

ロードバイクかっこいい!欲しい!と、ばく然としたイメージで購入に踏み切る方も多いかと思います。

まずはロードバイクは具体的にどんな物で、どのような用途に使うべきなのかを考えてみましょう。

ロードバイクはスピードを出し長距離を移動するための自転車

ロードバイクの特徴といえば、ぐにゃりと曲がったドロップハンドルに、細いタイヤ、前のめりになった乗車姿勢が特徴的です。

これらはすべてスピードを出し長距離を移動するための構造です。

ドロップハンドルは様々な乗車姿勢を取るための形状で、ブレーキレバーを持ったり、フラット部分を持ったり、曲がった下部を持つことでそれぞれの速度域に合わせた姿勢を取ることができます。

細いタイヤも転がり抵抗を抑え軽量化を狙った物で、体力の浪費を抑えよりスピードを出せる設計になっています。

前傾姿勢も体全身を使ってペダルをこぎ、かつ空気抵抗を抑えるためです。

 

ロードバイクは舗装路を走るためのもの

上記したようにロードバイクはあくまでスピードを出し移動するために構成されているので、オフロード走行には向きません。

悪路では操作性も悪く、タイヤも細く薄いのですぐにパンクしてしまいます。(オフロード対応のシクロクロスやグラベルロードを除く)

しかしその分舗装路を長距離走るにはこれ以上にないと言える自転車がロードバイクです。

用途によってはクロスバイクやマウンテンバイクも視野に入るので、ロードバイクを買う前にそれぞれの特徴をおさえておくとよいでしょう。

 

それぞれのスポーツサイクルの特徴はこちらから

初めてのスポーツサイクル。マウンテンバイク・クロスバイク・ロードバイク違い

 

 

 

価格別にロードバイクの違いを把握しよう

何を買うにしても予算が先に立ってきます。

ロードバイクは価格で出せる性能が変わってくるので、出せる予算によって目指せる性能が変わるといっても過言ではありません。

購入した後の発展性にも影響するので、よく考えて購入したいところです。

 

~10万円のロードバイク


出典:CONTEND 2 (2018 NEW)

エントリークラスと呼ばれる最も安い価格帯のロードバイクです。

性能云々よりは、まずロードバイクとはどんなものか体験したり、通勤通学など移動手段として使うのに向いているモデルです。

 

20万~30万円のロードバイク


出典:ARIA

主にミドルクラスと呼ばれるロードバイクの多い価格帯です。

素材もカーボンが視野に入り、性能差が出始めるのでより慎重に選びたいところです。

 

50万円以上のロードバイク



出典:S-Works Venge ViAS Disc eTap

ハイエンドや、100万円を超えるようなモデルだとアッパークラスと呼ばれる性能の高いモデルがほとんどの価格帯です。

性能は十分なので、より自分にあった一台、好みの一台を選ぶ必要があります。

また性能が走行性能を上げるというよりは、走行性能を人間が引き出すようなイメージになるので本来の性能を引き出すためには搭乗者の体力に合わせて購入する必要があります。

 

それぞれの価格帯のおすすめロードバイクや細かな特徴はこちらから

予算に合わせて楽しもう!ロードバイクの値段別の特徴とおすすめモデル

 

 

 

自分の求めるクラスのロードバイクを考えよう

ロードバイクはおおよそクラス分けしてモデルアップされています。

大まかにわけると初心者用のエントリークラス、中上級者向けのミドルクラス、上級者向けのハイエンド、アッパークラスがあります。

もちろん初心者がハイエンドモデルを買ってはいけないというわけではないですが、それぞれ選び方に違いがあるのでまずはそこをおさえておくとよいでしょう。

 

初心者のロードバイクの選び方

まずは基本的な情報を抑えておきましょう。価格差による性能差や、素材による性能差はもちろん、フレームサイズなど他の自転車では意識しなかった点も考えてみましょう。

それで今後長距離のサイクリングやレースにも参加したいと思った場合はエントリークラスではいずれ力不足になるので、ミドルグレードの購入も視野に入れるとよいでしょう。

 

中級者のロードバイクの選び方

中級者になるとロードバイクの性能差を実感できるようになります。

ミドルクラスのロードバイクは性能の特性も様々なので、その性能の差がどういったところから出るのか、どういったポイントをおさえればより自分に合った一台が見つかるかをより掘り下げて考えてみるとよいでしょう。

特にレースでより良い成績を残したい場合、より長距離を走りたいという場合には重要なポイントになるのでぜひ覚えておきたいポイントです。

 

上級者のロードバイクの選び方

ハイエンドモデルのロードバイクには、より緻密な技術が盛り込まれているので搭乗者にもより繊細な感覚が必要になります。

もちろんバイクの性能を生かせる体力と技術も必要になるので、性能を引き出したいのであればまずはどれを選ぶかよりも体力と技術を付ける必要があります。

価格も高いので気軽に手の出しにくいですが、ツールドフランスなどグランツールを有名選手が乗ったモデルなども手に入れることができるので、ファングッズ的な人気もあるといえます。

 

レベル別ロードバイクの選び方の詳細はこちらから

ロードバイク初心者・中級者・上級者が意識するポイントとお勧めモデル

 

 

 

フレームの素材特性を把握しよう

フレームの素材は一番わかりやすく性能差が出やすい部分でもあります。

価格も大きく変わるので、ロードバイクを購入する前には必ず把握しておきたいポイントです。

 

カーボン

 


出典:2017 Giant Bicycles

カーボンは柔軟性、剛性も自由自在で軽量なのでロードバイクの素材として重宝されている素材です。

ただし金属に比べると製造にコストや手間がかかり値段が高くくなってしまうことや、衝撃に弱いので転倒や衝突で折れてしまう可能性が高いので初心者は注意したいところです。

最近では20万円前後でもカーボンロードが手に入るので、今後さらにシェアを広げると考えられます。

 

アルミ


出典:Cannondale Bicycles

アルミは製造コストも安く強度も十分確保できるのでカーボンが主流になっている現在でもエントリークラスやミドルクラスを中心に広く使われている素材です。

金属なので重さが出てしまう点と、柔軟性が出しにくいことがネックですが、各社製造技術を磨いてカーボン並に軽いアルミロードや独自機構で柔軟性を出したりまだまだ技術革新の続くあなどれない素材です。

 

クロモリ



出典:Panasonic

クロモリは鉄を主に使用した合金のフレームで、なんといっても強度に定評があります。

素材の頑丈さと適度な柔軟性で、クロモリフレームは一生物になるとも言われます。

鉄なので重さが出てしまうことがネックですが、細身のデザインと独特の乗り心地がありそれに魅了されたファンも多く居ます。

 

フレームついて素材や特性など細かい情報はこちらから

新車購入時は要チェック!ロードバイクのフレームの選び方

 

 

 

コンポの違いを理解しよう


出典:Shimano

変速機やブレーキ、ベアリングなどの機械部分は「コンポーネント(コンポ)」と呼ばれ、実際に稼働する部分なのでロードバイクの性能に大きな差が出ます。

このコンポをどのグレードを使用しているかによって性能にも大きく違いが出ます。

現在完成車では多くの場合SHIMANO社製のコンポを採用しています。

グレードの高い順に、

  • DURA-ACE
  • ULTEGRA
  • 105
  • TIAGRA
  • SORA
  • CLARIS

などがあります。

一番わかりやすい部分だとギアの枚数に違いがあるので購入前にかならずチェックしたい部分でもあります。

 

コンポについてより詳しい情報はこちらから

ロードバイクの性能を左右するコンポの違いと選び方

 

 

 

ロードバイクの適正を理解しよう

ミドルクラス以上のロードバイクには、舗装路のなかでもどのような状況が合っているのかそれぞれ特性があります。

あくまで舗装路を走る上では特性が合わないからと言って故障したり全く走れないということはありませんが、目的に合った適性を持つロードバイクを選ぶことでよりスピードを出せて、より負担が少なく巡航できるのでぜひおさえたいポイントです。

 

長距離のサイクリングを目的にした場合

より長距離の移動を目指す場合、舗装路といえど凹凸や路面の石などで搭乗者へ衝撃が伝わると体力を消費してしまいます。

なのでクッション性のあるフレームを採用したモデルが重宝されます。

また平坦区間は風にさらされることも多いので、空力を考えられたモデルを選ぶとより長距離を負担を感じずに走ることができます。

 

ヒルクライムなど坂道を登る場合

自転車で坂道を登るとき最大の敵は重力です。

重たいロードバイクに乗っていると後ろに引っ張られる力も強くなり、体力を無駄に消費してしまいます。

なのでヒルクライム用のロードバイクはなんといっても軽さが求められます。

また漕いだ力を無駄にせずタイヤまで伝える必要があるので、フレームも硬くかっちりしたタイプのものが重宝されます。

 

通勤通学など普段乗りの場合

普段乗りの場合、エントリークラスのモデルでも十分快適に走ることができますが、距離や環境によっては性能にもこだわることでより快適に走ることもできます。

例えばある程度距離のある場合はミドルグレードの長距離モデルを選ぶことでより快適に通勤できますし、坂道であれば軽量なモデルを選ぶことでより快適に通勤できるようになります。

また性能をそこまで求めなくていい場合、デザインにこだわって選ぶのも一つの方法です。

クラシックなデザインのロードバイクや、ミニベロと言われる小径タイヤを採用したモデルもあるので、仕事着でも違和感なくロードバイクに乗るという選択肢もあります。

 

それぞれの用途別におすすめのモデルなどはこちらから

通勤・ボタリング・ロングライド、目的別おすすめロードバイク!

 

 

 

メーカーごとの特性を把握しよう

ロードバイクを作るメーカーは様々ありますが、それぞれ得意にする素材やスペックに特徴があります。

それぞれのメーカーの強みを把握することでより適した一台を選ぶことができます。

とりわけ検索数が多く、注目度の高いメーカーをご紹介しましょう。

 

GIANT


出典:ジャイアント

コストパフォーマンスが評判のメーカーです。

品質も他社に見劣りしないので、性能が十分なロードを安く選ぶ場合におすすめのメーカーです。

 

 

cannondale


出典:キャノンデール – Cannondale

特にアルミフレームの評判が高いメーカーです。

もちろんカーボンにも力を入れており、どれをとっても間違いないメーカーです。

 

 

Bianchi


出典:ビアンキ – Bianchi

古い歴史を持つメーカーで、独特のチェレステカラーと言われるカラーリングが印象的です。

ミドルグレードのラインナップに力を入れており、比較的低価格でも選択範囲の広いメーカーです。

 

 

SPECIALIZED


出典:スペシャライズド – Specialized Bicycle Components | Specialized

技術の向上に力を入れている名実ともにトップメーカーです。

ミドルグレードのアルミから最上位モデルまで評判が高く、性能面での信頼性はかなり高いメーカーと言えます。

 

メーカー別の細かい情報はこちらから

あなたのお気に入りのブランドが見つかる!ロードバイクのメーカー別特徴とおすすめポイント

 

 

 

ニューモデルに注目しよう

ロードバイクは初夏に新モデルを発表し、秋には店頭に並びます。

新企画のモデルを発売したり、革新的な技術を盛り込んだり、パーツ構成を上げてよりスペックを上げたりしたモデルをラインナップしてくるのでぜひチェックしたいところです。

2018年モデルのなかでも特に注目度の高いモデルを一部ご紹介します。

 

【TCR SLR 2】



出典:2017 Giant Bicycle [TCR SLR 2 (2018 NEW)]

価格:¥175,000(税抜)
特徴
空力と長距離での快適性を有し、コンポにはSHIMANO105系を採用しています。
2018年モデルからチューブレスタイヤを採用し、さらにコスパが上がっています。
15万円前後のアルミロードとしてはテッパンといえるクオリティのロードバイクになりました。

 

 

【ARIA ULTEGRA】



出典:Bianchi

価格:¥348,000(税抜)
特徴
2018年ニューモデルの注目株になりそうなのが、新ラインナップとして登場したこのARIAです。
カーボン素材のエアロロードで、チューブは勿論シートポストまで空力設計の本格派です。
ミドルクラスでエアロードの導入を検討している方には要チェックな一台です。

 

 

【SUPERSIX EVO CARBON】



出典:2018 SUPERSIX EVO CARBON ULTEGRA Cannondale Bicycles

価格:¥270,000(税抜)
特徴
ミドルクラスのロードですが、期待以上のスペックを誇るロードバイクです。
上位グレードのHi-MODよりも200gほど重くはなっていますが、同一の素材を使用しており剛性はHi-MODHよりも高くなっています。
フレームの完成度の高さは同価格帯のカーボンロードと比較しても一つ頭が抜けているといえます。

 

ニューモデル発売に合わせて、前年度や前々年度モデルは在庫処分で値段が下がることもあるので、ニューモデル発売時期は旧モデルの価格変化も要チェックです。

 

2018年モデルのより細かい情報はこちらから

新モデルで次世代の走りを!2018年モデルのおすすめロードバイク

 

 

失敗しないロードバイク選びのために知識をつけよう!

ロードバイクは安くても10万円前後と、安い買い物ではありません。

乗った時点でギアやタイヤなど各部が劣化し始めるので返品も原則できないので失敗も許されません。

今回記載したような内容をより深く調べ、できるだけ購入しようとするモデルの情報を集めることでより自分に合った一台を選ぶことができます。

しっかりとした基礎知識と、熟考して選んで最高の相棒を手に入れましょう!