スポーツサイクルをはじめたい入門者必見!スポーツサイクルの種類と選び方

Pocket

近年自転車の需要はさらに高まっています。

車のように維持費がかからず、健康重要の高まりからも運動の一環として自転車を活用する人が増えてきました。

それに伴い性能の高いスポーツサイクルの需要も高まり、ママチャリなどと比べて快適性も高く乗り心地もいいのでシェアが高まっています。

スポーツサイクルには大きく分けてロードバイクマウンテンバイククロスバイクの3種類あります。

それぞれの性能の違いと、想定する運用法を理解して自分に適したスポーツサイクルを選んでみましょう。

 

スポーツサイクルとママチャリの違いは?

ママチャリは移動手段としては優秀な乗り物ですが、スポーツサイクルとは根本的に違う物です。

ママチャリと比較してスポーツサイクルにどういったメリットがあるのか考えてみましょう。

 

車体が軽く疲れにくい

ママチャリはサイズにもよりますが基本的に20kg程度の重さがあります。

対して、マウンテンバイクは15kg前後、クロスバイクは10kg前後、ロードバイクは軽いものだと5,6kgとママチャリに比べかなり軽量です。

軽ければその分少ない力で走ることができるので体力も浪費しにくいといえます。

 

スピードが出る

スポーツサイクルはもともと競技用に生まれたものなので、構成部品や設計もスピードが出しやすいように作られています。

初心者でも楽に30km以上出せるので、同じスピードを出したときの体力もママチャリに比べて少ないといえます。

スピードが出る分転倒や衝突した時の危険度は上がるので、運用法やメンテナンス、交通ルールには特に気をつけたいところです。

 

長持ちする

ママチャリはメンテナンスよりも製造を楽にしてコストダウンを図ったり、各社独自規格を取り入れている物も多いのでパーツの互換も難しいですが、スポーツサイクルはおおよそ規格が決まっていて互換性もあるのでほぼすべてのパーツの交換が可能です。

各社性能を上げるためのパーツも発売されているので、故障以外でもパーツを交換し性能を上げるというカスタマイズする楽しみもあります。

もちろん劣化させないように保管方法やメンテナンスにもある程度気を付けた方がより長持ちするようになります。

 

 

スポーツサイクルの種類別の特徴は?

スポーツサイクルには大まかに分けて『ロードバイク』『クロスバイク』『マウンテンバイク(MTB)』の3種類あります。

それぞれ特性が変わり適した運用法があるので、自分の運用法にはどれが合っているのかを把握しましょう。

 

 

ロードバイク

出典:Liv Cycling

ロードバイクはロードレースのために設計された自転車で、スピードを出すことに特化しています。

最大速度も50、60kmほどと自転車とは思えないようなスピードを出すことができます。

 

ロードのメリット

スピードを出すために各部品が構成されていて、長距離を乗っても疲れないような設計になっています。

ロードバイクの中にも様々な性能を持つモデルがあり、長距離を乗るのに特化した物、坂を登るのに特化した物など運用法に合わせた一台を選ぶことができます。

 

ロードのデメリット

乗車姿勢も空気抵抗を抑え、全身の筋肉を使ってスピードを出すために前傾姿勢になっているので、慣れるまでは乗りにくさを感じるかも知れません。

また舗装路を走るために構成されているので、砂利道などの悪路を走るとパンクやフレームへの負担が気になります。(悪路を想定したシクロクロスやグラベルロードを除く)

 

 

マウンテンバイク



出典:Remedy 9.7 27.5 Trek

オフロードを走ることに特化した自転車で、砂利道やぬかるんだ道や凹凸でジャンプするような運用法に耐えられるよう設計されています。

1~3カ所サスペンションを装備していて、路面から伝わる衝撃を和らげ、悪路にも食いつきの良いブロックタイヤを装備しているので悪路での走破性も上がっています。

 

MTBのメリット

山道やオフロードを走るには最適な自転車です。

頑丈なフレームなので長持ちし、舗装路においても段差や石などをものともせず走ることができます。

 

MTBデメリット

サスペンションやブロックタイヤを装備しているのでロードやクロスに比べ車体重量が重いので、それらに比べるとスピードが出しにくく長距離を走ると疲れやすいです。

またサスペンションやディスクブレーキには特別な調整の必要もあるので多少メンテナンスに手間がかかります。

 

 

クロスバイク



出典:CAAD OPTIMO FLAT BAR 1

クロスバイクはマウンテンバイクとロードバイクの中間的な役割を担う自転車で様々な運用法を視野に入れることもできるので、迷ったらクロスバイクを選ぶとよいでしょう。

元々マウンテンバイクから派生したモデルなのでマウンテンバイクのようにサスペンションを装備したモデルもありますが、日本ではロードバイクのように舗装路を走る目的のクロスバイクが主流です。

そのような需要からフラットバーロードと呼ばれるよりロードバイクに近いモデルも発売されているので、今後ロードバイクも視野に入れたい場合にはドロップハンドル化してロードバイク化する改造ベース車として購入する方法もあります。

 

クロスのメリット

ロードバイクに比べると価格が安いですが、30~40km程度の中長距離を走るには十分な性能を有しています。

ロードバイクほど調整もシビアでないので、通勤通学などの普段乗りに最適と言えます。

シンプルな構成なので、パーツ構成を変えてロードバイクのような運用をすることもでき、逆にサスペンションやブロックタイヤを装備することでマウンテンバイクに近い運用もできる自由度の高いスポーツサイクルと言えます。

 

クロスのデメリット

マウンテンバイクほどオフロードに強くなく、ロードバイクほどスピードがでないので、ママチャリなどの自転車に比べれば性能は雲泥の差ですが特化した性能はありません。

 

 

運用法別にスポーツサイクルを選ぼう!

どのような運用方法を想定しているかを元に、それぞれどのスポーツサイクルが向いているのか考えてみましょう。

 

通勤通学を想定している場合

主に通勤通学などで使用したい場合、最も向いているのはクロスバイクと言えます。

舗装路を走ることを想定するとマウンテンバイクよりもスピーディに走ることができ、学校や会社にいる間に駐輪場においておく場合、ロードバイクよりも盗まれにくいといえます。

ただし坂道が続く場合や長距離の通勤に使用する場合はロードバイクが適しており、河川敷など比較的悪路が通勤通学経路の場合にはマウンテンバイクの方が適しているといえます。

 

山道などの悪路のサイクリングを想定している場合

悪路を走ることにおいては頑丈なフレームにサスペンションと悪路に強いブロックタイヤを装備したマウンテンバイクの右に出る物はありません。

サスペンションを装備したクロスバイクもあるので、悪路の程度によってはクロスバイクも視野に入ります。

山道でもある程度舗装されている道の場合、シクロクロスやグラベルロードと呼ばれるある程度の悪路にも対応するロードバイクもあるので、舗装路と悪路の両方で運用したい場合にはこういったモデルも視野に入ります。

 

長距離のサイクリングを想定している場合

50kmを超える長距離のサイクリングを想定している場合には軽量でスピードの出しやすいロードバイクが最適です。

50km以下短距離のサイクリングであればクロスバイクでも十分対応できます。

マウンテンバイクで長距離を走りたい場合はサスペンションのないタイプや、タイヤを舗装路向けのスリックタイヤへの変更をお勧めします。

 

 

各スポーツサイクルのおすすめモデル

実際に発売されているおすすめモデルを元に、各自転車のチェックポイントを見てみましょう。

 

ロードバイクのおすすめモデルと選ぶポイント

ロードバイクは軽さとフレームの素材、コンポーネントでおおよその性能を測ることができます。

 

【MERIDA REACTO 400】



出典:REACTO 400

価格:¥159,900(税抜)

初心者から中級者向けのロードバイクです。

フレームの素材はアルミで、フロントフォーク(ハンドルで動かせる部分)はカーボン製です。

重量は50cmサイズで9.2kgと平均的な重さです。

変速機やブレーキなどのコンポーネントは中級グレードの105を採用しています。

構成パーツと値段を照らし合わせるとコストパフォーマンスも悪くない一台と言えます。

 

 

マウンテンバイクのおすすめモデルと選ぶポイント

マウンテンバイクはサスペンションの数とブレーキの種類、装備しているタイヤでおおよそどういった運用法に向いているのかがわかります。

 

【Bianchi KUMA 27.2】



出典:Bianchi MTB

価格:¥88,000(税抜)

サスペンションはフロントの左右2か所で、ロックアウト機能付きなので舗装路でふわふわした感覚が嫌な場合は固定することもできます。

タイヤは悪路にも対応するブロックタイヤで、ブレーキも雨や泥でタイヤが汚れても効きやすいディスクブレーキを採用しています。

このような構成から、本格的なオフロードにも十分対応するマウンテンバイクと言えます。

 

クロスバイクのおすすめモデルと選ぶポイント

クロスバイクは元々マウンテンバイクから派生してできたジャンルですが、クロスバイク自体はレース用というわけではないのでこれといったポイントはありません。

ただしコンポーネントがロードバイク用なのかマウンテンバイク用なのか、ブレーキの種類、フレーム素材、乗車姿勢、重量に違いが出るのでチェックしておきたい部分です。

 

【GIANT ESCAPE RX 2 】



出典:2017 GIANT Bicycles

価格:¥76,000(税抜)

ロードバイクと同じ700Cのホイールを装備した舗装路での運用を想定したクロスバイクです。

ただしコンポーネントは耐久性などを重視しマウンテンバイク用の物が採用されています。

ブレーキは制動力の強いVブレーキが採用されていて、速度調整よりは街乗りで低速巡航、信号で完全停止という状況を想定しているものと思われます。

乗車姿勢もロードバイクよりは上半身を起こしたアップライドですが、マウンテンバイクよりは姿勢が低くスピード重視と言えます。

フレームはアルミですがフロントフォーク本体はカーボンで、重さは465mmサイズで10.4kgと十分軽量と言えます。

GIANTのescapeシリーズはクロスバイクとしては定番のモデルで評判もよく、舗装路でそこそこの巡航スピードが欲しい場合にはおすすめのモデルと言えます。

下記は同モデルの2011年式のご紹介です。

 

スポーツサイクルはママチャリとは別次元の乗り物

ママチャリは低コストで徒歩より早く移動するためのものですが、スポーツサイクルはより速く、快適に、長距離もしくは悪路の走破性を考えられた設計になっています。

その中でもロード、クロス、MTBとそれぞれ運用法に大きな違いがあるので、自分に合ったスポーツサイクルを選ぶ必要があります。

筆者も初めてスポーツサイクルを購入した時、「衝撃を吸収してくれて滑りにくくてママチャリより軽いなら絶対マウンテンバイクが最強だろ!」とマウンテンバイクを購入しましたが、市街地なので言うほどの悪路もほとんどなくクロスバイクとのサイクリングでまったく付いていけず悲しい思いをしました。今でもそのMTBはパーツを変えて現役で、近所にオフロードコースを見つけたこともあり週末には軽いサイクリングとオフロード走行を楽しんでいます。

その後スピードとロングライドを見越してクロスバイクを購入し、世界観の違いに驚きました。漕がなくてもスイスイ進む快適性、片手でも持てるような軽さに魅了され、ドロップハンドル化し中長距離のサイクリングを謳歌しました。

さらにその後ロードバイクを購入し、クロスバイクに比べてもさらにスピードが出ること、また漕いだ力のパワーロスの少なさに驚きました。体力のない自分が自転車で100kmも走行できたのはひとえにロードバイクの性能故にだと思います。

ママチャリも優秀な乗り物ですが、スポーツサイクルはさらにその上を行くものだと自信を持ってお勧めできます。

迷っている方は今回の記事を参考に、ぜひスポーツサイクルの世界に羽ばたいていただければそれほど嬉しいことはありません。