予算で選ぼう!クロスバイクの予算別おすすめモデルと選ぶポイント

Pocket

クロスバイクは単純な移動手段としてはもちろん、フィットネス目的など幅広く利用できるスポーツサイクルとして人気を得ています。

しかし価格差もあり、選ぶポイントも幅広くわかりにくいと感じる方も多いようです。

そこで今回は、性能の差が付くポイントを予算別のおすすめモデルとともにご紹介します。

 

スポーツサイクルは値段が性能に直結する

クロスバイクはもちろん、ロードバイクやマウンテンバイクも構成部品の品質が上がればその分値段が上がっていきます。

なので、出せる予算が出せる性能に直結するといっても過言ではありません。

まずは値段で差が出る代表的なパーツをご紹介します。

 

フレームの素材

フレームはクロスバイクの基礎となるパーツで、フレームを元にそのロードバイクの方向性が決まります。

乗車姿勢やサイズなども決まってきますが、価格に影響されやすいのは「素材」です。

主にアルミとカーボンがありますが、製造コストのかかるカーボンの値段は高くなっています。

軽さと柔軟性に関してはカーボンに分があるので予算に余裕があればカーボンを狙いたいところですが、対衝撃性はアルミに分があるので管理保管や走行に心配がある場合にはあえてアルミを選ぶ方法もあります。

 

フロントフォークの素材



出典:あさひオンライン

フロントフォークは前輪タイヤを支えている、ハンドルで動かせる部分を言います。

フレームの一部とも言えますがフレームからは分断されているのでフレームの素材とは違うことも多いです。

こちらもアルミとカーボンが主流ですが、比較的安い価格帯でもカーボンフォークを採用しているモデルもあるので、より軽量で乗り心地の良さも考えるとカーボンフォーク採用モデルを狙いたいところです。

 

サスペンションの有無

クロスバイクはもともとマウンテンバイクから派生した自転車なので、マウンテンバイクのようにサスペンションが付いているものもあります。

砂利道や山道などオフロード走行を想定する場合には付いているに越したことはありませんが、舗装路のみを走る場合にはあまり必要なく、車体に重さも出てくるので自分の運用方法を元にサスペンションのあるモデル、無いモデルを選びましょう。

 

コンポーネント


出典:Shimano

コンポーネント(コンポ)は、変速機やブレーキ、ベアリングやギアなどの機械部分のことを指します。

日本においてはオフロード走行はあまり活発ではないので、どちらかというとロードバイクに近い舗装路用のクロスバイクが人気なので、最近ではスピード重視のロードバイク用のコンポを採用しているモデルも増えてきました。

ただしクロスバイクはスピードを極限まで求めるような運用法よりは移動手段としての側面があるので、耐久性を考えてマウンテンバイク用のコンポを採用している場合もあります。

クロスバイクにおいてはマウンテンバイク用コンポ採用モデルよりも、ロードバイク用コンポ採用モデルのほうが高い傾向にあります。

 

ブレーキ

クロスバイクは運用法も多岐にわたるので、ブレーキも様々な種類が採用されています。

街乗りに最適な制動力の高いVブレーキや、高速巡航時の速度調整に最適なキャリパーブレーキ、雨や泥道でタイヤがぬれたり汚れたりしても制動力が落ちにくいディスクブレーキなどがあります。

価格を比較するとVブレーキが最も安く、キャリパーブレーキとディスクブレーキは同じかディスクブレーキの方が少し高い印象になります。

 

 

価格別のおすすめモデル

価格別のおすすめモデルを元に、その価格帯ではどのようなパーツ構成になっているか見てみましょう。

 

~5万円前後のおすすめクロスバイク

【GIANT ESCAPE R3】



出典:2017 GIANT Bicycle

価格:¥50,000(税抜)
特徴
最も流通していると言われるクロスバイクです。
コンポはマウンテンバイク用で、幅広い速度域に対応できる24段変速を採用しています。
ブレーキは街乗りで停止が多いことを想定した制動力の強いVブレーキを採用しています。
フレーム、フォークはアルミ製ですが、参考重量10.4㎏と十分軽量と言えるモデルです。

下記は同モデルの2014年式のご紹介です。

 

 

【GIOS  MISTRAL】



出典:JOB International

価格:¥51,000(税抜)
特徴
クラシックな細いデザインがジオスらしい一台です。
アルミフレームにクロモリフォークという珍しい構成の一台ですが、参考重量も10.8㎏と十分軽量化されています。

 

 

~10万円のクロスバイク

【TREK DS 2】



出典:DS 2 TREK

価格:¥65,880(税抜)
特徴
サスペンションを装備したマウンテンバイクに近いクロスバイクです。
コンポーネントもマウンテンバイク用を装備し、オフロードの走破性も確保したモデルです。

 

 

【Bianchi ROMA3】



出典:Bianchi

価格:¥98,000(税抜)
特徴
GIANTのEscapeと人気を二分するのがBianchiのクロスバイクです。
カラーリングも秀逸で目を引くので、特に初心者には人気の高いモデルです。
性能もコンポにはロードバイク用のClarisを採用し、ブレーキもディスクブレーキを採用しているこだわった一台と言えます。

 

 

【cannondale  CAAD OPTIMO FLAT BAR 1】



出典:CAAD OPTIMO FLAT BAR 1

価格:¥95,000(税抜)
特徴
ロードバイクを元に作成されたフラットバーロードと言われるクロスバイクです。
コンポもロード用のClarisを採用し、ロードバイクのDNAを受け継いでいます。
スピード感と操作性の高さから趣味乗りにも十分対応できる一台です。

 

 

【TREK Zektor 3】



出典:Zektor 3 TREK

価格:¥99,360(税抜)
特徴
画像を見てわかるとおり比較的上体を下げた姿勢で乗れるスピード重視のモデルです。
コンポもロードバイク用の初級グレードのSORAを中心に構成されており、ブレーキは悪天候にも対応する油圧式のディスクブレーキを採用しています。
スポーツ走行だけでなくライトなどのパーツを多く装備できるようステムまで普段乗り用としての配慮がされており、完成度の高さがうかがえます。

 

 

【GIANT  ESCAPE RX 1 】



出典:2017 Giant Bicycle

価格:¥100,000(税抜)
特徴
大人気のESCAPE Rシリーズを元に、よりスポーティな走行ができるようグレードアップされたのがこのRXシリーズです。
乗車姿勢もよりスポーティになっていて、コンポもロードバイク用のTIAGRAを採用しています。
アルミフレームにカーボンフォークを装着しシートポストもカーボン製で、参考重要はRシリーズよりも軽量な9.9㎏を実現しています。

下記は同モデルの2012年式のご紹介です。

 

 

~15万円のクロスバイク

【COLNAGO FORCE】



出典:製品カタログ コルナゴ

価格:¥135,000(税抜)
特徴
高速巡航のために開発されたフラットバーロードの一台です。
コンポもロードバイク用初級グレードのSORAを採用しています。
アルミフレームにカーボンフォークを採用し、走行性能も極限までロードバイクに近い一台と言えます。

 

 

【Specialized  Sirrus Comp Disc】



出典:Sirrus Comp Disc

価格:¥155,000(税抜)
特徴
スペシャライズドのクロスバイクはロードバイクを元に作成されており、よりスポーティな走行を目指すにはうってつけのメーカーと言えます。
コンポーネントはロードバイクの中級グレードTIAGRAを採用し、ブレーキにはディスクブレーキを採用しています。
タイヤはやや太めの30cを採用しているので、耐久性と街乗りの快適性も確保されていると言えます。

 

 

15万円以上のクロスバイク

【TREK FX S 6】



出典:FX S 6 TREK

価格:¥275,400(税抜)
特徴
価格、性能ともに最高級のクロスバイクです。
フルカーボンフレームで、TREK自慢の独自構造IsoSpeedテクノロジーを採用し快適性もロードバイクに劣りません。
コンポも中級グレードのロードバイク用105を採用し、ミドルクラスのロードバイク顔負けの構成になっています。

 

クロスバイクは安物買いの銭失いになりにくい

ロードバイクの場合、価格も様々でどうしても迷ってしまいます。

価格が高くなればスペックも上がるのは前述したとおりですが、クロスバイクにおいては「とりあえず安いもの」という選択肢での失敗が少ないといえます。

理由は、フレームさえ失敗しなければ細かな部品の変更である程度自分に合わせた運用法に対応できるという点にあります。

タイヤやハンドル、シートなどを変えるだけでも快適性は劇的に変わり、通勤通学だけでなくある程度の距離のサイクリングにも対応できるようになります。

クロスバイクの場合、スポーツサイクルをとりあえず体験してみたいという初心者の方も多いと思いますが、まずは価格の許す範囲でまず1台買ってみてスポーツサイクルの快適性を実感することで今後の自転車ライフも変わってきますので、まずはぜひ1台買って乗ってみてはいかがでしょうか。