せっかく買うなら最新モデル!2018年モデルのおすすめクロスバイク

Pocket

クロスバイクはスポーツサイクル本場のヨーロッパでは通勤通学用として非常に高い需要があります。

なので各社積極的にクロスバイクの新製品を発売しています。

乗り心地やデザインを一新したモデルが搭乗するので、ぜひチェックしてみましょう。

 

クロスバイクの最新モデルは秋ごろに出そろう

ヨーロッパでは入学祝いにクロスバイクをプレゼントしたり、通勤用に使用したりと需要の高い自転車なので、来シーズンに向けて各社こぞって魅力的な新商品を発表します。

クロスバイクをはじめとしたスポーツサイクルは、日本では毎年初夏ごろに最新モデルを発表し、秋頃には市場に出回ります。

基本的にスポーツサイクルは再生産されないので、人気モデルは年内には売り切れて入手困難になることも多いです。

新製品発表のタイミングで気になる商品はぜひチェックしたいところです。

 

2018年モデルのおすすめクロスバイク

 

【GIANT ESCAPE R3】



出典:2017 GIANT Bicycle

価格:¥50,000(税抜)
特徴
クロスバイクといえばジャイアントのエスケープと言われるほど人気の高いモデルです。
低価格高品質なフレームに、バランスのいい部品構成で壊れにくく実用的な一台に仕上がっています。
2018年モデルからはイエローとレッドのモデルも登場し、より好みのカラーリングを選べるようになりました。

 

 

【GIANT GRAVIER】



出典:2017 GIANT Bicycle

価格:¥53,000(税抜)
特徴
スピード重視のエスケープに対して、走行中の快適性と悪路の走破性を上げたのがグラビエです。
通常のクロスバイクが700cの27インチ前後のタイヤに対して、グラビエは27.5インチと大きいタイヤを装備しているので段差を乗り越える能力が高くなっており、幅も広いタイヤを装備しているのでクッション性も確保しています。
舗装の甘い道や山道などにも対応しやすい設計になっています。

 

 

【GIANT ESCAPE RX 2】



出典:2017 GIANT Cicycle

価格:¥76,000(税抜)
特徴
さらにスピードを求める方におすすめしたいのがエスケープRXシリーズです。
軽量フレームにブレーキワイヤーなどをフレームの内部を通すまるでロードバイクのような設計からもジャイアントの本気度が伝わります。
走行性能が高いので、通勤通学はもちろん中長距離のサイクリングなど趣味乗りに使用したい場合に特にお勧めしたいモデルです。

 

 

【Bianchi ROMA 4】



出典:Bianchi

価格:¥70,000(税抜)
特徴
ジャイアントのエスケープシリーズに並んで人気なのがビアンキのROMAシリーズです。
シビアな性能を求める必要のないクロスバイクにおいてデザインは重要なファクターですが、その点カラーバリエーションの多いROMAシリーズは評価が高く、ホイールリムやシートにまでこだわったデザインは他社を凌駕しているといえます。
ROMA 4はマウンテンバイクやロードの廉価クラスのコンポを採用していますが、同種のバリエーションとしてロードクラスのコンポや、ディスクブレーキを採用したモデルもあるのでデザインと走行性両方こだわることもできるのはポイントが高い点です。

 

 

【Bianchi CAMALEONTE1】



出典:Bianchi

価格:¥69,000(税抜)
特徴
丸っこいデザインのフレームが印象的なクロスバイクです。
元々ロード寄りのROMAに対してマウンテン寄りのバリエーションとしてラインナップしていたのがCAMALEONTEシリーズですが、2018年モデルでは両者の差はほとんどなくなりほぼフレームの違いのみとなりました。
最安値こそ千円安いのでCAMALEONTEに軍配が上がりますが、2018年モデルからは性能のバリエーションも無くなってしまったのでROMAシリーズに人気が集まりそうです。

 

 

【TREK FX 1】



出典:FX 1 TREK

価格:¥48,600(税抜)
特徴
FELTはロードバイクでも高い評価を得るメーカーですが、クロスバイクにも走行性能を高めるこだわりが随所に見られます。
重さこそ12kgと他社モデルより少々重いですが、グリップやロード用計測器の取り付けに対応している点など趣味乗りにも対応できる配慮があり、女性向けモデルも用意したこだわりの一台です。

 

 

【TREK DS 2】



出典:DS 2 TREK

価格:¥65,880(税抜)
特徴
サスペンションを装備したマウンテンバイク寄りのクロスバイクです。
丈夫なフレームに太めの丈夫なタイヤを装備しているので悪路でも安心して使用することができます。
シートポストのストロークも広く、乗車姿勢も幅広く対応するので乗りやすさを重視したいときにも視野に入るモデルです。

 

 

【TREK Zektor 2】



出典:Zektor 2 TREK
価格:¥85,320(税抜)
特徴
手軽にスポーツ走行を楽しめるFX1に対して、より街乗りに特化したのがZektorシリーズです。
コンポもより快適性を重視したロード用Clarisを採用し、ブレーキには悪路にも強いディスクブレーキを採用しています。

 

 

【TREK FX S 6】



出典:FX S 6 TREK

価格:¥275,400(税抜)
特徴
カーボンフレームを採用した最上級のクロスバイクです。
一部フレームを分断しクッション性を向上させたFELT独自のIsoSpeedテクノロジーを採用しより乗り心地も抜群の一台です。
価格も性能も他のモデルを圧倒した一台と言えます。

【COLNAGO VORREI  SORA】



出典:COLNAGO

価格:¥120,000(税抜)
特徴
2018年モデルのクロスバイクで特に注目したいのがコルナゴです。
新登場したVORREIは純粋なフラットバーロードで、まるでロードバイクのような攻めたジオメトリーを採用しています。
フレームは軽量アルミ合金を使用し、フロントフォークはカーボン素材と完成度の高い一台になっています。

 

 

【COLNAGO EPOCA】



出典:COLNAGO

価格:¥85,000(税抜)
特徴
2018年ニューモデルとしてもう一つ登場したのがEPOCAです。
クロモリフレームのような細身でクラシックなデザインの純粋なクロスバイクです。

 

 

【MERIDA GRAN SPEED 300-D】



出典:メリダ ―MERIDA―

価格:¥111,000(税抜)
特徴
ワイドレンジなギアを採用したクロスバイクです。
アルミフレームにカーボンフォークを採用し走行性能と快適性能を両立したモデルです。
ブレーキもディスクブレーキタイプで、マルチな性能を有するクロスバイクと言えます。

 

 

【MERIDA CROSSWAY 100-R】



出典:メリダ ―MERIDA―

価格:¥53,900(税抜)
特徴
アルミフレームにアルミフォークを採用したベーシックなクロスバイクです。
キックスタンドも付属で、通勤通学など普段乗りにぴったりなモデルです。


上記は国内販売品とはスペックが変わる可能性があります。

 

 

クロスバイクこそニューモデルを

ロードバイクの場合、車体価格も高く新品型落ちを狙うという買い方も一般化しています。

しかしクロスバイクの場合平均10万円前後で、安いものだと5万円前後と安く新品が入手できます。

ニューモデルはコンポもタイヤも基本的に最新製品が採用されるので、トラブルや品質を考えると新製品が有利と言えます。

フレームやチューブなどは乗らなくても徐々に劣化しますので、製造から新しいものを買うに越したことはありあせん。

このような理由から性能的にも品質的にも、クロスバイクにおいてはぜひニューモデルの購入を検討してみてください。

お得に少し前のモデルを欲しい方は、以下の記事も参考にしてみて下さい。
初心者にオススメのクロスバイク5選!2016、2017年モデル