ブランドにこだわろう!メーカー別に考えるクロスバイクの選び方

Pocket

スポーツサイクルのメーカーはそれぞれ異なったこだわりがあります。

ロードバイクでは性能の違いが顕著に出ますが、クロスバイクの場合はどういった違いが出てくるのでしょうか。

今回は特に人気のメーカーを例にとって、それぞれのメーカー別のこだわりをご紹介していきます。

クロスバイクでメーカーにこだわるメリットは?

クロスバイクはロードバイクと違い、通勤通学や気軽なサイクリングなど主に性能差が出にくい乗り方をする自転車です。

ロードバイクの場合はメーカーごとの技術の差やこだわりを盛り込んだモデルが多いですが、クロスバイクはそこまで極限の性能を求める物ではありません。

ただしブランドによって街乗り用、スポーツ走行用とクロスバイクの位置づけが違ってくるので、そこはぜひチェックしたいポイントです。

今回は特にクロスバイクが人気のメーカーの特徴と、おすすめクロスバイクをご紹介します。

人気メーカーの特徴とおすすめモデル

GIANT


出典:2018 Giant Bicycle

いまや世界的自転車メーカーになったGIANTですが、クロスバイクのシェアも多くはGIANTが獲得しているといえます。

GIANTはクロスバイクを主力商品と捉えていて、多くのラインナップを展開し力を入れているメーカーです。

ESCAPE  R3はもっとも売れているクロスバイクと言われ、派生したESCAPEシリーズも高い評価を得ています。

GIANTのクロスバイクはアルミ製ですが、GIANTはアルミフレームの製造は得意分野で、人件費の安いアジアを拠点にしていることでコストパフォーマンスも高くなっています。

またGIANTの展開するLivブランドで展開するクロスバイクは女性向けに小さいサイズからもラインナップされているのもうれしいポイントです。

GIANTのおすすめクロスバイク

【ESCAPE R3】



出典:2018 Giant Bicycle

価格:¥50,000(税抜)
特徴
最も販売数が多いクロスバイクと呼ばれているのがこのESCAPE R3です。
低価格ながら品質が高く、多くのユーザーからこれを選べば間違いないと言われるモデルです。

下記は同モデルの2009年式のご紹介です。

【ESCAPE RX3】



出典:2018 Giant Bicycle

価格:¥65,000(税抜)
特徴
大人気のESCAPE Rをよりスポーツ走行向きの設計にしたのがRXシリーズです。
より剛性を上げ、ワイヤー類をフレームに通した設計ながらもRX3で65,000円(税抜き)の低価格はGIANTならではと言えます。
ロードクラスのコンポを採用したRX1でも100,000円(税抜き)なので、中長距離のサイクリングやスポーツ走行を想定している方はこちらのモデルもおすすめです。

下記は同モデルの2012年式のご紹介です。

【FASTROAD SLR 2】



出典:2018 Giant Bicycle

価格:¥125,000(税抜)
特徴
クロスバイクとして走行性能をより追い求めたのがこのFASTROAD SLR 2です。
軽量でありながら剛性を確保した独自設計のフレームは、乗りやすい姿勢からスピード重視のポジションまで幅広く対応し、ブレーキも幅広い環境に適応する油圧ディスクブレーキを採用しています。

【THRIVE 1 DISC】



出典:2018 Giant Bicycle

価格:¥110,000(税抜)
特徴
GIANTが展開する女性向けブランドLivのクロスバイクです。
ロングライドにも対応する本格的なフレームに、印象的なディープリムホイールなど完成度の高い一台になっています。

MERIDA



出典:メリダ ―MERIDA―

MERIDAもGIANTと同じ台湾の自転車メーカーです。

アルミフレームの製造が得意でアジアを拠点にしていて、両者は近い特徴を持っていますが、MERIDAはより低価格のラインナップに力を入れています。

クロスバイクも街乗り用とスポーツ走行用の2つのジャンルに分け2018年モデルで7種ラインナップしています。

近年人気のフラットバーロードタイプもラインナップしているので、週末のサイクリングなどを視野に入れている方にもおすすめしたいメーカーです。

GIANTは特約店のみの販売ですが、MERIDAは日本代理店の営業努力もあり取り扱う店舗が多く入手しやすいメーカーと言えます。

MERIDAのおすすめクロスバイク

【CROSSWAY 100-R】



出典:メリダ ―MERIDA―

価格:¥53,900(税抜)
特徴
メリダのもっともベーシックなクロスバイクです。
スポーツサイクルでは撤去されがちなキックスタンドを装備し、普段乗りでの実用性を考えられたモデルです。

 

【CROSSWAY 300-R】



出典:メリダ ―MERIDA―

価格:¥81,900(税抜)
特徴
ロードバイクと同じ剛性と柔軟性のバランスを取る3D構造のフレームを採用した本格派のクロスバイクです。
重量も10kgを切る軽量で、様々な運用に対応するクロスバイクです。

【GRAN SPEED 300-D】



出典:メリダ ―MERIDA―

価格:¥110,000(税抜)
特徴
ロードバイクに近い運用ができるフラットバーロードタイプのクロスバイクです。
中長距離のサイクリング用にはもってこいのモデルと言えます。

Bianchi



出典:Bianchi

Bianchiはイタリアの老舗メーカーで、特にデザインにこだわりたい方におすすめしたいメーカーです。

Bianchiがイメージカラーとする独特なブルーの「チェレステカラー」は街中でも目を引き、細かなパーツにまで気を配ったカラーコーディネートが高い人気を得ています。

街乗りに特化したパーツを装備したラインナップもあるので、気軽に手を出しやすいブランドでもあります。

近年ラインナップを減らしてはいますが、カラーリングは様々でコンポの違いで性能も選べるのでよく吟味して購入したいところです。

Bianchiのおすすめクロスバイク

【ROMA 4】



出典:Bianchi

価格:¥70,000(税抜)
特徴
ビアンキのベーシックなクロスバイクです。
なんと言っても独特のカラーリングが印象的で、チェレステカラーを中心に6色ラインナップしているデザインに力を入れたモデルです。

【ROMA】



出典:Bianchi

価格:¥118,000(税抜)
特徴
よりスポーツ走行にこだわったクロスバイクです。
コンポにロードバイク用のものを採用しているので、よりスピーディな走行にむいている構成になっています。

【CAMALEONTE1】



出典:Bianchi

価格:¥69,000(税抜)
特徴
オンロードに特化したROMAに対して、より剛性をあげ様々な道路状況に対応できるように設計されているのがCAMALEONTEシリーズです。
オンロード向けの需要が高まりラインナップが減ってしまったのが残念ですが、頑丈なフレームを求める場合にはおすすめのモデルです。

【在庫一掃SALE】【お店で受取り選択可】 2016 CAMALEONTE 1 ALU (カメレオン1) クロスバイク[CBA-1]

Cannondale



出典:Cannondale Bicycles

Cannondaleはアメリカの自転車メーカーで、現在でもアルミフレームを主力として製造にも力を入れています。

クロスバイクにもその技術が採用されていて、素材や設計など細かな構成のレベルが高いメーカーと言えます。

アーバンバイクと言うスポーツ走行を重視しないオンロード用のクロスバイクもあり、面白いラインナップになっています。

カラーリングこそシンプルですが、街乗りで不安な車からの視認性を上げるために独自の塗装を施すなど、細かな配慮もうれしいポイントです。

 

Cannondaleのおすすめクロスバイク

【QUICK 7】



出典:QUICK 7

価格:¥55,000(税抜)
特徴
洗練されたアルミ加工技術で作成されたフレームを採用した軽量クロスバイクです。
塗料に反射素材を使用し、夜間の車からの視認性を上げた独自の塗装を施されているので夜のサイクリングも安心です。

【BAD BOY 4】



出典:BAD BOY 4

価格:¥83,000(税抜)
特徴
一点止めのフロントフォークが印象的なアーバンバイクと位置づけられるクロスバイクです。
650Bという大きめのタイヤに、35cの太めのタイヤを採用し街中のどんな環境にも耐えうる走破性を手に入れたモデルです。

SPECIALIZED



出典:Specialized Bicycle

スペシャライズドはアメリカの自転車メーカーで、革新的な技術と高品質なモデルで近年ツールドでも好成績を残しているメーカーです。

ロードバイクが主力のSPECIALIZEDは、クロスバイクもロードバイクをベースにしたオンロードを快適に走れるよう設計されたモデルを多数ラインナップしています。

品質はもちろんお墨付きで、デザインも男性的なインパクトのあるカラーリングが多いのもうれしいポイントです。

近年クロスバイクは少数精鋭を取るメーカーが多い中、幅広いラインナップを展開することからもSPECIALIZEDのクロスバイクにかける思いが伝わってきます。

SPECIALIZEDのおすすめクロスバイク

【SIRRUS SPORT】



出典:SIRRUS SPORT Specialized

価格:¥75,000(税抜)
特徴
スポーツ走行に最適なジオメトリーを採用したクロスバイクです。
中長距離のサイクリングにも対応し、フェンダー用マウントも標準装備なので雨上がりの道路など普段乗りで想定される場合への拡張性も確保したモデルです。

【SIRRUS MEN SPORT DISC】



出典:Specialized

価格:¥89,000(税抜)
特徴
SIRRUS SPORTの快適性を残したまま、よりマルチな走行をできるよう構成されたクロスバイクです。
32cのタイヤを採用し、悪路にも対応できるディスクブレーキが採用されているので雨上がりの街でも制動力が落ちにくいです。

【SIRRUS PRO CARBON】



出典:SIRRUS PRO CARBON

価格:¥339,000(税抜)
特徴
カーボンフレームを採用した、クロスバイクの中では最高級モデルの一台です。
悪路への走破性を上げるグラベルロードのようなフレームにディスクブレーキを採用。
あくまでロードではなくクロスバイクで走行性能を求める方におすすしたい一台です。

TREK



出典:Trek Bikes

TREKはアメリカのメーカーで、クロスバイクにも力を入れているメーカーです。

フロントにサスペンションを採用したモデルもあり、舗装路向けのモデルも幅広くラインナップしています。

ロードバイクから派生した技術を盛り込んでおり、拡張性も考えたフレーム設計で普段乗りからスポーツ走行まで対応するモデルが多いのもうれしいポイントです。

TREKは自転車メーカーのなかでも多くのクロスバイクをラインナップしているので、より細かな性能差にこだわって購入したい場合はぜひチェックしたいメーカーです。

TREKのおすすめクロスバイク

【FX 1】



出典:FX 1

価格:¥48,600(税抜)
特徴
最も低価格帯のクロスバイクながら、フェンダーマウントや独自設計のグリップなどこだわったクロスバイクです。
通勤通学に少しこだわったクロスバイクが欲しい場合にお勧めです。

【DS2】



出典:DS 2 TREK

価格:¥65,880(税抜)
マウンテンバイクをベースとしたサスペンションを装備したクロスバイクです。
シートポストのストロークも広く、乗車姿勢も幅広く対応するので乗りやすさを重視したいときにも視野に入るモデルです。

【Zektor 3】



出典:Zektro 3 TREK

価格:¥99,360(税抜)
特徴
街乗りをより快適に走れるよう設計されたクロスバイクです。
ロードバイクのように前傾姿勢をとれるフレーム構造なので、スポーツサイクルに慣れてきた中級者におすすめのモデルです。

GIOS



出典:JOB International

GIOSはイタリアの自転車メーカーで、イタリアらしいおしゃれなバイクが多いです。

ブルーを基調にしたフレームに、ポイントにロゴが入ったデザインはシンプルながら印象的です。

最近では珍しいクロモリフレームもGIOSの主力商品にラインナップされており、耐久性の気になるクロスバイクでは大きなメリットになるでしょう。

GIOSのおすすめクロスバイク

【MISTRAL】



出典:JOB International

価格:¥51,000(税抜)
特徴
GIOSのもっともベーシックなクロスバイクです。
GIOSらしいデザインのアルミフレームにクロモリフォークと言う珍しい構成のクロスバイクです。

【AMPIO】



出典:JOB International

価格:¥79,800(税抜)
特徴
GIOSの真骨頂と言えるクロモリフレームのクロスバイクです。
クロモリフレームは重いですが耐久性が高く、クロスバイクにおいても長持ちするので大きなメリットになります。

【CANTARE】



出典:JOB International

価格:¥88,000(税抜)
特徴
剛性の高いアルミフレームにカーボンフォークを採用した走り重視のクロスバイクです。
シンプルな構成なので、改造のベース車にもお勧めです。

クロスバイクはメーカーの国柄が出る?

今回特にクロスバイクの人気が高いメーカーをご紹介しましたが、各社の国柄が出る特徴的なラインナップになっています。

GIANTのESCAPEはいまでこそ走り重視のラインナップも増えていますが、自転車需要の高い台湾らしい普段乗りにぴったりのクロスバイクとして誕生しました。

BianchiやGIOSは性能は勿論、街並みに合わせたようなデザイン重視のモデルが、Specialized、TREKなどアメリカのメーカーはオフロード走行が盛んなのでサスペンションを搭載したモデルを根強くラインナップしています。

クロスバイクは生活に密着した自転車なので、その国柄がよく出ているように見えます。

こういった国柄を考えてクロスバイクを選ぶのも面白いかもしれませんね。