これさえ見れば間違えない!クロスバイクの選び方完全保存版!

Pocket

最近快適な移動手段として、週末のサイクリングに最適とクロスバイクの需要が大きくなっています。

しかしクロスバイクは種類も様々で、見た目も近いものが多くどれを選んでいいか迷ってしまうこともしばしば。

スポーツサイクルの中では安い部類ですが5万円以上はしますので、失敗したくはないですよね。

今回はそんな皆さんのために、クロスバイクの選び方を徹底的にご紹介します!

 

クロスバイクはどんな自転車?



出典:2018 Giant Bicycles

クロスバイクはもともとマウンテンバイクをベースに、より街乗りしやすいようパーツ構成を変えて発売されたのが起源と言われています。

欧米ではオフロードを走行する機会も多くマウンテンバイクのようにサスペンションを装備したモデルも多数ラインナップされていますが、日本では山道を走るよりも舗装路を走る機会が多いのでリジットフォーク(サスペンションを装備しないフロントフォーク)の舗装路向けモデルが人気です。

メーカーもそれに合わせて日本向けモデルはオンロード走行を想定したモデルを多くラインナップしています。

ロードバイクやマウンテンバイクのように競技に使用するものではないので、趣味乗りや通勤通学など生活に取り込みやすいスポーツサイクルとして導入しやすいスポーツサイクルです。

 

クロスバイクの用途は?用途別選び方

クロスバイクは競技用ではないので、通勤通学や趣味のサイクリングなど気軽に楽しむ用途に用いるのがベストです。

メーカーもその需要に合わせてラインナップしているので、ロードバイクのように性能を追い求めたようなモデルは少ないと言えます。

ただ、クロスバイクは定義のはっきりしないものでもあるので一口にクロスバイクと言っても様々な用途のものが存在します。

なので、その用途を抑えて、自分の運用法に合わせた運用法に合うモデルを選ぶことが後悔しないクロスバイク選びには重要なポイントと言えます。

 

通勤通学に使用する場合

重いママチャリでは辛かった通勤通学も、クロスバイクを使うことでスイスイ行うことができます。

通勤通学を前提とした場合、5、6万円程度の安いクロスバイクでも十分実用的と言えます。

少し距離がある場合や坂道がある場合はより軽量でスポーティなモデルを、砂利道や雨上がりにぬかるみそうな道がある場合にはオフロードがある場合はサスペンションを装備したモデルをおすすめします。

 

長距離のサイクリングに使用する場合

片道20kmほどの長距離のサイクリングに使用したい場合は10万円前後のスポーツ走行に適したモデルがおすすめです。

軽量であれば体力の消費も少なく、上り坂なども楽に走行することができます。

 

山道や河原など未舗装路を走行する場合

山道や河原などオフロードを走行する場合、舗装路向けのモデルに採用されている700cのタイヤではパンクする可能性が高く、フレームへの負担も気になります。

オフロードを走行する場合は、サスペンションを装備しオフロードに強い太めで厚くグリップ力の高いタイヤを採用したモデルを選ぶと快適に運用できるでしょう。

用途別のおすすめモデルをチェックしたい方はこちら!

使い方に合わせて適切な一台を!クロスバイクの用途別選び方

 

クロスバイクの価格の差による違いは?価格帯別の選び方

クロスバイクは比較的安価に入手でき、手を出しやすいスポーツサイクルと言えます。

安いものでは5万円台からありますが、高いものだと30万円近いものもあります。

スポーツサイクルの性能差は価格に表れるので、価格別にクロスバイクを選んだ場合、どういったポイントに違いが出るのかチェックしてみましょう。

 

5万円台のクロスバイク



出典:2017 GIANT Bicycle

5万円台のクロスバイクは最も安い価格帯で、フレームなどはアルミでコンポーネントやパーツ構成も安いものが多いです。

この価格帯のクロスバイクはどちらかといえば通勤通学を快適に行えるようなモデルが多いといえます。

ホイールが極端に重いものが多いので、趣味で中長距離を想定している場合にはホイールの変更は最低限行うことをお勧めします。

 

~10万円のクロスバイク



出典:Zektor 3 TREK

10万円前後のモデルになるとスポーツ走行を想定したモデルが増えてきます。

スポーツ走行を想定したモデルは乗車姿勢もロードバイクに近いものが多く、軽量になります。

変速機やブレーキなどのコンポーネントもロードバイク用を採用している場合が多く、そのままでも十分中長距離のサイクリングも快適に行うことができるモデルがほとんどです。

 

~30万円のクロスバイク



出典:FX S 6 TREK

10万円以上のクロスバイクは極端にラインナップが減ります。

主な理由として考えられるのは、10万円出すのであれば本格的なマウンテンバイクを購入できますし、長距離のサイクリングやスピードを求める場合はクロスバイクより快適なロードバイクを購入できるから需要が少ないことからでしょう。

それでもフラットバーのクロスバイクにこだわる方のために、一部のメーカーではカーボンフレームを採用したり、ロードバイク並のこだわりを持って作られているクロスバイクを発売しています。

どうしてもクロスバイクがいいというクロスバイクファンの方はこういった価格帯のモデルを選んでみてはいかがでしょうか。

 

価格別のおすすめモデルをチェックしたい方はこちら!

予算で選ぼう!クロスバイクの予算別おすすめモデルと選ぶポイント

 

クロスバイクに強いブランドは?ブランド別の選び方

各自転車メーカーは、残念ながら近年クロスバイクのラインナップを減らしています。

スピードを追い求めればロードバイクになってしまいますし、オフロードを究めようと思えばマウンテンバイクになってしまうため、性能差が出しにくいので差別化が難しいので仕方ないとも考えられます。

それでも根強いクロスバイク人気にこたえるべく少数精鋭で質のいいクロスバイクを発売しているメーカーも多くあります。

特にクロスバイクに力を入れ人気の高い6社を例にとって、どういったモデルをラインナップしているかご紹介していきます。

GIANT


出典:2018 Giant Bicycle

ジャイアントはクロスバイクトップメーカーと言っても差し支えないシェアを獲得しています。

クロスバイクにおいて重要なコストパフォーマンスの高さと、品質も高いことがその理由です。

特に「クロスバイクと言えばこれ」と言われるほど人気が高いESCAPEシリーズは幅広いラインナップで人気を得ています。

MERIDA



出典:メリダ ―MERIDA―

MERIDAのスポーツサイクルは低価格のラインナップが幅広く、選択肢が広いので人気を得ています。

普段乗りに最適なCROSSWAYシリーズと、スポーツ走行を見越したフラットバーロードのGRAN SPEEDシリーズを展開し、どちらも高いコストパフォーマンスが魅力です。

Bianchi



出典:Bianchi

Bianchiの売りはなんと言ってもデザイン性の高さです。

Bianchiの代名詞とも言えるチェレステカラーを中心に、フレームのみでなくホイールのリム部分にまでこだわったカラーリングを多数ラインナップしているので、デザインにこだわりたい方に特に人気のブランドと言えます。

Cannondale



出典:Cannondale Bicycles

ラインナップこそ少ないCannondaleですが、少数精鋭の質の高さが魅力です。

オンロード向きのクロスバイクは持ち前のアルミ加工技術を駆使し、ジオメトリーにもこだわったモデルが人気です。

アーバンバイクと言われる独特な構成のバイクもラインナップしており、オリジナリティを出したいあなたにおすすめです。

Specialized



出典:Specialized Bicycle

Specializedはロードバイクをベースにしたスポーティなモデルをラインナップしています。

細部にまでこだわるSpecializedらしいラインナップで、低価格帯のモデルから高価格帯のモデルまで完成度の高いラインナップが光ります。

TREK



出典:Trek Bikes

TREKは特にクロスバイクに力を入れているメーカーで、ラインナップの多さも随一です。

舗装路向けのモデルは勿論、オフロード走行の活発なアメリカのメーカーということもありマウンテンバイクをベースにしたオフロード向けのクロスバイクを多くラインナップしているのもうれしいポイントです。

普段乗りすることを想定した拡張性や、グリップなどのパーツにまでこだわった構成にも目を見張ります。

メーカー別のおすすめモデルをチェックしたい方はこちら!

ブランドにこだわろう!メーカー別に考えるクロスバイクの選び方

 

ユーザーのレベル別のクロスバイクの選び方

クロスバイクはレース用ではないので元来レベル別にラインナップされているものではありませんが、求める性能別に重視したいポイントがあるので確認してみましょう。

初心者のチェックするべきポイント

スポーツサイクル初心者においては5万円程度の低価格帯のクロスバイクでも、ママチャリなどの一般的な自転車との性能差を十分感じることができます。

ただし安いクロスバイクにはルック車と言われる性能に劣るものもあるので先述した物を参考に、メーカーにはこだわった方が良いでしょう。

 

中級者のチェックするべきポイント

スポーツサイクルに慣れてくると性能差を顕著に感じられるようになってくると思います。

10万円前後のモデルになると5万円程度のモデルとは性能差もあり、コンポもロードクラスの性能の高いものを採用しているものが多いのでおすすめです。

 

上級者のクロスバイクの楽しみ方

上級者においては、性能を求めてクロスバイクを購入する必要はないといえます。

どう頑張ってもオフロードにおいてはマウンテンバイクのほうが勝っていて、長距離走行やスピードに関してはロードバイクにかなわないからです。

クロスバイクがマウンテンバイクやロードバイクに勝てるのは「街乗りでの快適性」です。

快適性に関しては乗り換えよりもカスタマイズで大幅に変わってくるので、パーツの変更などの改造に挑戦するとよいでしょう。

レベル別の選び方やおすすめモデルを選びたい方はこちらをチェック!

初心者・中級者・上級者レベル別クロスバイクの選び方とおすすめモデル

 

クロスバイクをカスタマイズして楽しもう!

上記したようにクロスバイクの最大のメリットは「街乗りでの快適性」にあります。

各社フレームやパーツ構成で快適性を上げるモデルをラインナップしていますが、改造することでより自分に合った一台に仕上げ快適性を上げることができます。

クロスバイクは構成がシンプルで初心者でもいじりやすいので、ある程度扱いに慣れてきたら改造に挑戦してみましょう。

 

タイヤの変更



出典:株式会社 深谷産業 Michelin

タイヤは直接地面に接するパーツなので、路面からの衝撃の伝わり方や地面との抵抗に影響します。

太さや溝の彫り方で乗り味が全く変わってくるので、ぜひ変更することをおすすめします。

 

 

シート(サドル)



出典:2018 Giant Bicycles

長距離を走った場合、足腰の次に疲労を感じるのがお尻です。

シートを変更することで疲れ具合がぜんぜん変わってきますし、パーツも安く自分でも変更しやすいパーツなのでシートに違和感を感じる場合は取り替えてみましょう。

 

 

ハンドル

クロスバイクの特徴でもあるフラットなハンドルは持ち方の自由度が低いので長い時間乗っていると疲れやすいです。

ハンドルバーの形状を変更したり、既存のハンドルバーにバーエンドを追加することで乗車姿勢が変わり疲れにくく、乗り心地が変わってくるのでぜひ変更したい部分です。

 

 

改造する場合の注意点

クロスバイクはロードバイクに比べスピードを出しにくいとはいえ、簡単に20~40kmは出せる乗り物です。

体をさらして乗っているので、事故を起こした場合単独事故でも最悪死に至るスピードです。

無理に自分で改造して事故が起こると取り返しがつかず、最悪他人を巻き込む可能性すらあるので走行に影響する部分の改造はショップに頼むようにすることを強くお勧めします。

 

クロスバイクの改造についてより詳しく知りたい方はこちら!

クロスバイクの醍醐味!快適性を上げるクロスバイク改造のすすめ

 

 

 

最新モデル!2018年のオススメクロスバイク!

クロスバイクは特に欧米では通勤通学に大量の需要が見込めるので、毎年各社ニューモデルをラインナップします。

スポーツサイクルは基本的に売り切れれば再生産されないので、まずは最新モデルをチェックして気に入るモデルを買い逃さないようにしましょう。

【GIANT ESCAPE RX2】



出典:2017 GIANT Cicycle

価格:¥76,000(税抜)
特徴
スピードを求める方におすすめしたいのがジャイアントのESCAPE  RXシリーズです。
軽量フレームにブレーキワイヤーなどをフレームの内部を通すまるでロードバイクのような設計からもジャイアントの本気度が伝わります。
走行性能が高いので、通勤通学はもちろん中長距離のサイクリングなど趣味乗りに使用したい場合に特にお勧めしたいモデルです。

 

Bianchi ROMA 4



出典:Bianchi

価格:¥70,000(税抜)
特徴
ジャイアントのESCAPEシリーズに並んで人気なのがビアンキのROMAシリーズです。
シビアな性能を求める必要のないクロスバイクにおいてデザインは重要なファクターですが、その点カラーバリエーションの多いROMAシリーズは評価が高く、ホイールリムやシートにまでこだわったデザインは他社を凌駕しているといえます。

 

【COLNAGO VORREI SORA】



出典:COLNAGO

価格:¥120,000(税抜)
特徴
2018年モデルのクロスバイクで特に注目したいのがコルナゴです。
新登場したVORREIは純粋なフラットバーロードで、まるでロードバイクのような攻めたジオメトリーを採用しています。
フレームは軽量アルミ合金を使用し、フロントフォークはカーボン素材と完成度の高い一台になっています。

 

クロスバイクは失敗しにくいスポーツサイクル

クロスバイクはロードバイクと違い極限の性能を求める物ではないので、用途に合わず全く使えないということにはなりにくい自転車です。

最悪、オフロードを走りたかったのに舗装路向けを買ってしまっても、フロントフォークの変更とタイヤの変更である程度対応できますし、舗装路を走りたいのにオフロード向けを買ってしまっても同じくタイヤとフロントフォークの変更である程度対応できます。

しかしそのパーツ変更の手間と費用を考えると最初から間違えないように購入した方がお得ですし、自転車への負担も少なく済みます。

今回紹介したポイントを元に、自分がどういった用途で使うかをよく妄想して夢を膨らませて、その夢を実現できる一台を選び、自分好みにカスタマイズして愛情をもって長く付き合えるクロスバイクを選ぶようにしましょう。