クロスバイクの醍醐味!快適性を上げるクロスバイク改造のすすめ

Pocket

クロスバイクはそのままでも快適な自転車ですが、自分の好みに応じてパーツを変更することでより快適に運用できるようになります。

今回はクロスバイクにぜひ施したい改造と、改造するときのポイントをご紹介します。

クロスバイクは改造してより快適に!



出典:2018 Giant Bicycles

クロスバイクは走行性能こそマウンテンバイクやロードバイクに勝てません。

しかし「舗装路での快適性」においてはマウンテンバイクやロードバイクよりも高く、それこそがクロスバイクのアイアンディティです。

完成車そのままでも十分快適な乗り物ですが、自分の運用法に合わせてカスタマイズすることでより快適な相棒になります。

そこまで難しくない改造でも十分効果は感じられるので、クロスバイクに慣れてきたらぜひチャレンジしてみましょう。

クロスバイクで変更したいパーツ

サドル



出典:2018 Giant Bicycles

サドルは初心者でも変更しやすいパーツの一つです。

実際に座る部分なので、長距離走る場合には影響が出る部分です。

クロスバイクの場合薄く軽量なものを装備している場合が多いですが、ロードバイクのようにレーシングパンツを履くことも少ないですし、快適性を上げるためには厚手のクッション性があるものをおすすめします。

逆に、主に短距離の移動に使用し、なるべく軽く仕上げたい場合、最近では軽量なタイプのサドルも安く入手できるので検討してみましょう。

デザインも様々なので、見た目が気になる方もサドルの変更してみると印象がガラッと変わるのでおすすめです。

乗り心地は人によって様々なので、実際に変更して走ってみないと感触がわからず失敗することも多いです。

逆にいえば新品同様の中古品が良く出回るということでもあるので、オークションサイトやフリマサイトで随時チェックすることで安くいい品が手に入りやすいパーツでもあります。

 

ペダル



出典:2018 Giant Bicycles

ペダルは力を伝える部分なので、変更することで踏み込む感触が変わります。

幅広のペダルにすることで靴とのフィット感が上がり、小さめにすると力が直接伝わる感覚が強くなります。

ロードバイクの場合ビンディングペダルという、専用のシューズを使用するペダルを装備することがおおいです。

金具でペダルとシューズを半固定状態にして、通常踏み込むだけで力を伝えていたところを、足を持ち上げる動作でも力を伝えることができるようになるので体力の消費を抑えスピードを増すことができます。

クロスバイクにも装備することは可能ですが、街乗りにおいては信号や交差点で一時停止が多く、いちいち着脱しなければならない煩わしさもあります。

表面はビンディングで、裏面はスニーカーなどでも踏めるリバーシブルタイプのビンディングペダルもあるので、普段乗りにも週末のサイクリングにも使用したい場合はそういったモデルを選ぶのも一つの方法です。

ねじを締め込むだけなので比較的かんたんに変更できますが、専用のペダルレンチという工具が必要なので、購入店に頼むと難しい作業でもなく安く取り替えてくれるので相談してみましょう。

ハンドル周り


通常クロスバイクの場合一直線のハンドルが特徴的ですが、同じところを持ち長く乗車すると疲れやすく、構造上乗車姿勢も変えにくいので肉体疲労が1か所に集中し疲れを感じやすくなります。

ハンドル周りを変更することで握る位置を変えられるようになり、乗車姿勢も変えられるので疲れにく乗ることができるようになります。

見た目も大きく変わりスポーティになるので、ぜひお勧めしたい改造です。

ハンドルバーの変更



出典:Bontrager Satellite Plus IsoZone & inForm Satellite MTB Handlebar System

ハンドル本体を変更することでハンドル形状を変え、握る位置を変更する方法があります。

形状も素材も様々で、軽量化にも一役買う部分なので可能であれば変更をお勧めしたい部分です。

最近はブルホーンバーと呼ばれる、牛の角のように逆立った形状をしているものが人気です。

先端の角の部分を持つか、根元のフラット部分を持つか選べるので、速度や疲労に合わせて姿勢を変更でき、ブレーキバーやシフターを変更せずに取り付けられることが多いので気軽に変更できます。

ロードバイクのようなドロップハンドルも装着でき、より幅広い姿勢を取ることができますが、シフターやブレーキバーなどを変更し、それに伴ってコンポーネントも変更する必要があるのでパーツ代と工賃でロードバイクを買えてしまうこともあります。

いずれにせよ、最低限ハンドルバーを固定するステム部分との互換性を確認して変更する必要があります。

バーエンドの取り付け



出典:2018 Giant Bicycles

既存のハンドルバーを残して、バーエンドというパーツを追加して握る位置を増やす方法もあります。

ねじ締め式で簡単に取り付けられ初心者にも気軽に取り変えられるパーツの一つで、走行性能はもちろん見た目にも大きく変わるのでぜひおすすめしたいパーツです。

価格も1000円程度から、形状やカラーも様々なので好みのものを選ぶことができますが、ハンドルバーの直径に合わせて選ぶ必要があります。

グリップの変更



出典:2018 Giant Bicycles

ハンドルバーには基本的にグリップが付いています。

TREKなどはもとからこだわったグリップを装備していますが、低価格のクロスバイクにおいては単純なグリップを装備していることが多く、長く乗っていると違和感を覚えることもあります。

グリップは基本的に圧入されているだけなので、簡単に変更することができます。

幅広にすることで握りやすく疲れにくくなるのでおすすめです。

数百円程度からあり、上記したようなエンドバー一体型のモデルもあるのでよく吟味して変更しましょう。

ちなみに、ブルホーンバーやドロップハンドルに変更した場合グリップ部分はテープで覆う形になります。

タイヤ

タイヤは実際に路面と接する部分なので、変更することで走行性能をがらりと変えるパーツの一つです。

舗装路を走ることを想定したクロスバイクだと、基本的に700cという規格のホイールを装備しています。

同じ700c用のタイヤでも、幅と溝の入り方に違いがあります。

タイヤの幅の違い



出典:株式会社 深谷産業 Michelin

700c規格においてタイヤの幅は○○cという形で表記され、大きくなるほど幅が広いということになります。

タイヤの幅が広くなると、その分空気がたくさん入ることになるのでクッション性が上がります。

舗装路でも小さな石や段差で衝撃が伝わるので、気になる場合は太めのタイヤにすることをおすすめします。

逆に細いタイヤにすると地面との抵抗が下がるのでよりスピーディに走ることができます。

元々太いタイヤを細いタイヤに変更する場合、チューブにたるみが出て装着できない場合もあるので、タイヤを変更するときはなるべくチューブも新品に変更するようにしましょう。

タイヤの溝の違い



出典:株式会社 深谷産業 Michelin

タイヤの溝も様々あり、溝が複雑に切ってあるものや、全く溝のないスリックタイプのものもあります。

スリックタイヤは路面との抵抗が減り、漕がなくても進みやすく、スピードに乗りやすい特徴があります。また薄手で軽いので体力の消費も抑えられます。

代わりにパンクしやすく、横滑りに弱いので走行時には注意が必要です。

逆に溝を切ってあるタイヤはスリップしにくく、スリックタイヤに比べて厚手なのでパンクにも強いです。街乗りにおいては溝のあるタイヤを装着することをお勧めします。

タイヤ交換は自分で出来る?

クロスバイクに広く使用されているクリンチャータイヤの場合、交換は思っているよりも簡単にできます。

特に、タイヤをワンタッチで外せるクイックレリーズ機能付きのモデルであれば、タイヤを取り換えるための簡単な工具だけで交換できます。

サイクリング中のパンクにも自分で対応できるようになるので、ぜひ覚えておきたいところです。

最初は詳しい人に教えてもらいながら作業することをおすすめしますが、長距離のサイクリング中にパンクし近くにショップもなくどうしようもなくなることもあるので、ぜひ覚えておきたいメンテナンス法です。

ホイール



出典:2018 Giant Bicycle

ホイールはクロスバイクの車体重量の多くを占める上に、走行性能にも大きく影響するパーツです。

フレーム重量を1kg減らすよりもホイールを100g減らした方が走行性能に差が出ると言われるほど重要なパーツです。

また中心にはベアリングも装着されているのでベアリングの性能でも快適性は大きく変わります。

数キロのサイクリングではあまり実感できないかもしれませんが、長距離になればなるほど快適性を実感できるので、週末のサイクリングを楽しみたい方にはぜひ変更してほしいパーツです。

ただしクロスバイクはモデルによってフォークの幅も違い、対応するホイールが変わってきますし、前後ホイールを交換するとギアやブレーキ回りの調整も必要になるのでまずはショップへ持ち込んで交換してもらうようにしましょう。

改造する場合は、まずは信頼できるショップを探そう!

グリップやサドルなどの簡単な改造は自分でも対応できますが、走行に直接影響する部分に関しては必ずショップに頼むようにしましょう。

クロスバイクはロードバイクに比べスピードが出しにくいとはいえ、簡単に30,40kmは出る乗り物です。

このスピードで走行中、足周りやハンドルに不備があると事故起こし、最悪死に至るスピードになります。

なので、今後のメンテナンスを考えると自分でやってみるのももちろんいいことではありますが、仕上げと点検はショップに頼むようにしましょう。

ただしショップも様々で、ママチャリなどの自転車を主に整備するショップと、スポーツサイクルも整備できるショップではまったく技量が変わります。

筆者も初心者のころ、街の自転車屋さんで欲しいモデルを購入し意気揚揚と帰宅しようとしたところ、帰り道でクランクが落ちて転倒し車体に大きな傷を付けてしまったことがあります。

原因はクランク取り付け時のナットの締め付けが適切でなく、知らないうちに抜けてしまっていたことにありました。

通常ママチャリなどはクランクはメーカーでしっかり取り付けられている状態で入荷している前提なのでチェックが甘かったのでしょう。

せっかく改造しても故障してしまっては逆に快適性を落としてしまうので、まずは信頼できるショップを探し、良い状態で乗れるようにすることをおすすめします。

クロスバイクについてもっと知りたいかたはこちらの記事も!

これさえ見れば間違えない!クロスバイクの選び方完全保存版!