スポーツサイクルを始める上での失敗談

Pocket

こんにちは!コラムを担当するしおやです。

今回は「スポーツサイクルを始める上での失敗談」!

人生において失敗することのおおい私ですが、スポーツサイクルにおいても様々な失敗があります・・・。

ぜひ反面教師にしていただければ幸いです。

 

しくじりその1.オンロードしか走らないのにMTBを買ってしまう

当時の同僚の誘いでスポーツサイクルに手を出す決意をしたわたしですが、ロードバイクには抵抗がありました。

交通量の多い道路で車と一緒に走ることも多いですし、街中で見るチャリダーも本格的な装備で、スピードを出して100km以上のロングライドなんてとても考えられなかったからです。

クロスバイクも提案されましたが、当時フレーム破断事故も大々的に取り上げられ、私自身そこそこ体重もあるので細いフレームに不安を感じました。

「見た目太くて丈夫そうだし、サスペンションかっこいいしタイヤも滑りにくいし最強じゃね?」

と、安易にマウンテンバイク(MTB)を購入しました。

MTB自体は普段乗っていたママチャリと全く性能が違い、ギアの選択も多くなり車体重量も軽く快適だったので満足でした。

しかし、問題は長距離を乗ったときに起こります。

ママチャリより軽いとはいえ、フレームも太くサスペンションも装備しているので重さは16kg。坂道は重くスピードに乗らず、平地でも加速に難があります。

ブロックタイヤもパンク知らずではありましたが、転がりが悪いのでクロスバイクやロードバイクのように慣性でスーッと進むことができません。

クロスバイクとのサイクリングでまったく付いていけず、悔しい思いをしました。

オフロードコースが近所にあったのでその後はそこそこ楽しめましたが、普段乗りでのデメリットの多さに少し後悔しました。

今ではそのMTBをツーリング仕様にし中距離のサイクリングにも対応できるよう改造しているので、機会があればそちらについても記事にして紹介しようと思います。

 

ネットの声

  • MTBは重すぎてサイクリング中に車が欲しくなる
  • 久々にMTBで通勤。重い!
  • グラベルロードなんていうのも出てきてますますMTB縮小だな
  • MTBは長距離重い!w

この経験からも、「スポーツサイクルを導入したいけど、どれいいかわからない」という方にはよく吟味して購入してもらいたいと思います。

スポーツサイクルをはじめたい入門者必見!スポーツサイクルの種類と選び方

 

 

しくじりその2.ショップ選びを間違える

軽くネットで調べると、ホームセンターなどでは本格的なスポーツサイクルは扱っていないし、量販店は技術と対応に難があるので専門店を選んだほうがいいという情報を真に受け、街の自転車屋で自転車を購入することにしました。

しかし、それが間違いの始まりでした。

良く考えればわかることですが、街の自転車屋といえど様々あり、ママチャリをメインに扱うような自転車屋と、スポーツサイクルもしっかり扱っている自転車屋があるのです。

ここを間違えればファミレスでラーメンを食べるようなもので、作れはせども仕上がりは専門店にはかなわないのです。

後者であれば問題なかったのですが、残念ながら私が選んだのは前者のような自転車屋でした。

対応も悪くなく購入した時はよかったのですが、なんと走っていると急にクランクがガタつき、次の瞬間抜けてしまったのです。

そこまでのスピードではなかったので私自身も大きなけがはなく、多少車体に傷が付いたくらいで大事には至りませんでしたが、いきなりクランクが抜けてバランスを崩して転倒となれば高速巡航中であれば命にかかわる大事故です。

簡単にスピードが出るからこそメンテナンスは重要で、信頼できるショップを選ぶべきと痛感しました。

いまでは某有名量販店にメンテナンスを頼んでいますが、私よりもはるかに知識と経験があり対応も丁寧で、ネットの評判に反して満足しています。

ただしチェーン店でも店員さんによって対応が全く違うので、大事なのはどこに頼むかよりも「誰に頼むか」ではないかと思います。

 

ネットの声

  • パンク修理に出したのにただ空気だけ入れて返された・・・。
  • 行きつけの自転車屋がつぶれて路頭に迷う
  • 個人店は人見知りにはハードル高い

 

この経験を反面教師に、メンテナンスや知識もある程度自分でやるようにしました。

 

 

しくじりその3.保管方法を甘く見ていた

メンテナンス方法も覚え、自転車への愛情も強かったですが、住宅事情的に家の中には置けず保管方法はずさんでした。

屋根はあれど雨風を完全に防ぐことができない場所でしたが「オフロードでドロドロになることを前提のMTBがそんなに劣化するわけがない」と高をくくっていました。

が、それが失敗のはじまりでした。

当たり前ですがMTBといえど金属パーツは使っているわけで、錆びはどうしても出てきます。

購入して半年ほど経った頃、1ヶ月ちょっとの出張でしばらく乗らずに久々に見ると、金属と言う金属に錆が・・・。

特にサスペンションのインナーチューブ部分は錆がひどく、見るも無残な状態でした。

ビスと言うビスも錆び、チェーンやクランクもひどい有様。

それもそのはず。金属パーツも出荷時には表面をコーティングしてありますが可動部分はすれてそんなものは一度走ればはがれてしまい、グリスも丹念にふきつけていなければ錆びに対して無防備な状態と同じです。

現在では基本的に屋内保管なので酷い錆びが出ることはありませんが、初めての愛車の無残な姿を目の当たりにしてしまうと、錆びには神経質になってしまいます。

ネットの声

  • 外保管してたら雨にぬれてグリップがカビた
  • 冬外においておくと特にサビサビになります
  • 海近くだから外保管ダメ絶対

錆の防止にはこまめなグリスアップが有効です

 

 

まとめ

スポーツサイクルは昨今需要が上がっています。道を歩いていても本格的なクロスバイクで通学している学生も多く見かけますよね。

ただし価格も5万円からと安くはないので、失敗したくはないですよね。

今回ご紹介した「どのスポーツサイクルを選ぶか」「お店選び」「保管法」は初心者によくあるミスの三本立てなので、ぜひわたしを反面教師にみなさんは失敗しないようにしてくださいね。