これだけはやっておこう!ロードバイクに付けたいパーツとカスタマイズ

Pocket

ロードバイクは拡張性の高さから「1/1プラモデル」と言われています。

自分で簡単にできる改造から、性能を大きく変える大幅な改造もありますので、自分の技量に合わせて改造したいところです。

今回は、初心者にも出来る購入したらすぐに追加したいパーツとカスタマイズをご紹介します。

 

ロードバイクはほぼ丸裸?

ロードバイクは、完成車といえどほぼ丸裸の状態で販売されています。

ママチャリでは当たり前の荷台やかごもなく、ライトもなく、カギもなく、果てにはペダルまでありません。

ロードバイクはスポーツに使用するものという前提があるので、それに合わせたカスタマイズがあります。

購入したらまずは取り付けた方が良いパーツと、カスタマイズした方がいいポイントがありますのでご紹介していきます。

 

基本的に必要になる工具

ドライバー(+、-)



出典:サイクルベースあさひ

各部ビスで取り付けられていますし、マイナスドライバーは異物を除くときにも使いますのでカスタマイズに限らずメンテナンスのためにも持ち歩くようにしましょう。

 

 

アーレンキー



出典:サイクルベースあさひ

六角レンチのことです。ほとんどのカスタマイズに使うので自転車においてもっとも使う工具と言っても過言ではありません。

 

 

アーレンキーとドライバーはセットになった持ち歩きに適した物もあるので、一つ容易しておいてサイクリングに持ち歩くようにしましょう。

出典:サイクルベースあさひ

 

 

タイヤレバー


出典:サイクルベースあさひ

タイヤをホイールから外す専用の工具で、タイヤのカスタマイズには必須です。ばら売りもありますがパンク修理セットにも入っています。

タイヤの劣化、もしくはパンクでいずれ必ずタイヤを交換する必要が出てくるので持っておくようにしましょう。

 

 

まずは必ずつけたいパーツ

 

ペダル



出典:サイクルベースあさひ

ロードバイクは基本的に購入時にペダルは付属していません。

ビンディングシューズを使う場合も多く、ペダルの好みも様々なのでロードバイクを買ったらまずはペダル選びから始めましょう。

上記したようにビンディングシューズと言われるペダルとシューズを接続できるタイプのペダルもあれば、通常の自転車と同じペダルもあり、またそのリバーシブルもあります。

もちろんシューズも用意することになるのでビンディング付きは予算は上がってしまいますが、長距離のサイクリングやヒルクライムなどに挑戦する場合には、ビンディング付きとそうでないペダルでは体力の消費と漕ぎやすさは雲泥の差があります。

本格的にロードバイクを楽しみたい方には、ぜひビンディングペダルとビンディングシューズの試用をおすすめしたいです。

 

 

サドルバッグ


出典:サイクルベースあさひ

ロードバイクには荷物を乗せるためのカゴや台座がないので、拡張性を上げるカスタマイズも必要になります。

一般的な方法として、小さな荷物を載せたい場合にはサドルバッグを付けることをおすすめします。

もちろん本格的なサイクリングでも財布やスマホぐらいは持ち歩くと思うので走行中にそういった物を入れる用途にも使用しますが、一番の目的はパンクや急な故障に対応できるよう工具を入れるためです。

快適に中長距離を走るためにはどうしても田舎道を走ることになりますが、そこでパンクや故障をした場合には店まで押すのすら難しいので必ず簡単な工具と、交換用チューブ、パンク修理セットぐらいは持ち歩くようにしましょう。

基本的に簡単に取り外せるようになっているので、いたずらなどで盗られてしまわないようにもし自転車から長時間離れる場合にはかならず持ち歩くようにしましょう。

 

 

ボトルゲージ


出典:サイクルベースあさひ

通勤通学や短距離のポタリングでは必須と言うわけではないですが、あって損しないのがボトルゲージです。

主に飲み物を入れておくためのパーツですが、飲み物を入れなくてもタオルやぞうきんを丸めて入れておくこともできるので付けておいて損はないです。

通常ロードバイクには最初からボトルゲージを取り付けることを前提に2か所ほど取り付け用のビス穴が開いています。

ボトルゲージ自体は数百円からありますが、ペットボトルを入れておくこともできるタイプと、太めの専用ボトルを取り付けるためのものがあるので少しだけ注意して選びましょう。

 

 

サイクルコンピュータ(サイコン)



出典:サイクルベースあさひ

サイコンは、移動距離、スピードメーター、移動時間などのデータを計測してくれるもので、ロードバイクにはつけることをおすすめします。

特にロードバイクは道路を走行することが多いので、道路標識に従ったスピードで走行しなければなりません。

街中であれば30km制限、40km制限もありますし、サイクリングロードもマナーとして20,30kmで走るのが望ましいので速度を把握するのも重要です。

取り付けておいた方がサイクリングがより楽しく安全になり、安いものなら2000円以下で入手できますのでぜひおすすめしたいパーツです。

 

 

 

簡単に性能を変えられるカスタマイズ

 

サドル


出典:サイクルベースあさひ

最もとっつきやすいカスタマイズの一つとしてサドルの変更があります。

サドルは最初から付属していますが、筋肉の付き方や乗り方によって合う合わないはシビアに変わってきます。

高さと角度、前後位置は六角レンチ(アーレンキー)ひとつで調整できますのでまずは調整をして、それでも合わない場合は交換してみるのも手です。

様々なタイプがありますが、男性用女性用分かれていることや、一見薄手で硬そうに見えるサドルでも形状が合えば快適に乗れますし、逆にクッション性が高くても反発で逆に疲れてしまうこともあり選ぶのがむすかしいパーツでもあります。

また実際に乗ってみたいとわからない部分でもあり、そのうちどんなものが合うのかもわからなくなってくる現状に陥ることをサドル沼とも呼ばれますが、特にロングライドでは重要な部分でもあるのでよく吟味したいパーツです。

 

 

タイヤ



出典:株式会社 深谷産業 Michelin

フレームよりも乗り味を大きく変えるカスタマイズがタイヤです。

購入してすぐに変更する必要はありませんが、少し走ってみて「もっと軽く進むようにしたい」「もっと震動を抑えたい」と思ったら変更すると効果がすぐに見られるので交換してみましょう。

タイヤ径はホイールに依存するので簡単に変えられませんが、厚みは割と自由度が高く、厚みによってクッション性が変わり乗り心地が変わるのでぜひ変更したいパーツです。

同じ規格でも軽量で疲れにくいタイプや、厚手でパンクしにくいタイプなど様々なのでよく吟味したいところです。

ミドルクラスまでのロードバイクでよく採用されている、クリンチャータイプのタイヤであれば思ったよりも簡単に交換できるのでぜひ挑戦してみましょう。

また前述したとおり長距離のサイクリング中にパンクしてしまうとショップまでもっていくことが困難な場合もあるので、カスタマイズがてらメンテナンス方法を学び、実際の運行中のパンクに対応できるようにしておくとよいでしょう。

 

 

カスタマイズはメンテナンスのお勉強

カスタマイズは性能、快適性を上げるのに有効ですが、それ以上にメンテナンスの基礎にもなる部分なのでぜひ挑戦してみてほしいポイントです。

ロードバイクは特にスピードの出る自転車なので、日頃から自転車のカスタマイズをしつつ、各パーツの状態にも気を配りメンテナンスをすることが安全なサイクリングには重要です。

難しい部分はプロに頼み、自分で出来るカスタマイズやメンテナンスは自分でやるようにして、ロードバイクに愛情をもって運用するようにしましょう。