絶対に覚えておきたい!自転車のタイヤ交換の方法と注意点

Pocket

こんにちは!コラムを担当するしおやです。

スポーツサイクルに乗っていれば誰もが経験するのがパンクですよね。注意していてもノンメンテだといつか必ずパンクしてしまいます。

今回はそんなパンクにも自分で対応できるよう、タイヤ交換の方法とポイントをご紹介します。

タイヤ交換は自分で出来るようにしておこう

パンクはいつ起こるかわかりません。近くにショップがあればよいですが、ロングライド中や山の中のトレイルだとそうもいきません。

そうなると自分で直すしかないので、できればサイクリングには予備チューブを持ち歩き、長距離のサイクリングに初挑戦する前にパンクしていなくても一度タイヤの取り外し、取り付け方法を覚えておきましょう。

ちなみにお店のパンク修理だと、リアタイヤのチューブ交換で2000~4000円ほどかかりますが、自分でやればチューブ代の数百円でできる(工具がなければプラス工具代)ので自分でやった方がお財布にも嬉しいですね。

またタイヤは手軽で比較的安価にのりごこちを変えられるのでぜひカスタマイズに取り入れてほしいポイントなので、自分で出来るようにしておくとより気軽にカスタマイズできるようになるのでぜひ覚えていただきたい技術です。

 

タイヤの交換方法

それでは早速タイヤ交換の方法を解説していきます。

今回はMTBのクリンチャータイヤに教材になってもらいましょう。

タイヤが劣化してきたのと、舗装路のツーリングに使用したいとのことでオンロード用に交換希望とのことです。

たしかにひび割れしてきていますね。この程度の浅いひび割れであればまだ問題ないですが、深いひび割れになるとタイヤ内部に水や石が浸入してパンクの原因になるので注意しましょうね!

 

今回交換するのはこちらのミシュランのワイルドランナー。MTB用タイヤには珍しいスリックタイヤです。

軽量化と転がり抵抗を抑えられますが、ブロックタイヤに比べ横滑りの危険が上がるので気をつけたいですね。

 

それでは早速交換していきましょう!

 

必要な物は?

タイヤ交換に絶対必要な物は、変えるタイヤなどを除くと3つだけです。

 

【タイヤレバー】


出典:サイクルベースあさひ

タイヤをホイールから外すための工具です。
単品で買っても安いですが、せっかくならばパンク修理セットを購入してその中に入っている物を使えば一石二鳥です。

 

【空気入れ】



出典:サイクルベースあさひ

タイヤを外す時には必ず空気を抜かなければならないので、空気入れは必須です。
もし持っていない場合、スポーツサイクルのタイヤは高圧で空気が抜けやすいので持って置くようにしましょう。

仏式バルブ用、英式バルブ用、米式バルブ用があるので自分の自転車に合わせた空気入れを選びましょう。

 

【プライヤー】



出典:サイクルベースあさひ

バルブのナットを外すために使います。特殊なものでなくても対応できますのでなければ百円ショップのものでもOKです。

 

1.空気を抜く

まずはバルブから空気を抜いていきます。

頑張ってすべて抜く必要はないですが、タイヤを外す時に邪魔にならない程度に十分抜いておきましょう。

スポーツサイクルに広く採用されている仏式のバルブは、先端のねじ部分を緩めて押せば空気が抜けます。

高圧で空気が入っているので、直接指で触らずタイヤレバーや手近な工具などで優しく抜いていくようにしましょう。

 

2.タイヤをホイールから外していく

次にタイヤをホイールから外していきます。

まずバルブの根元にあるナットを外していきます。これを外さず無理にタイヤを外そうとするとチューブが伸びてやぶけてしまうこともあるので必ず先にはずしましょう。

 

次に、バルブの近くのリムとタイヤの間にタイヤレバーを挟み込み、リムからタイヤを外していきます。

写真のように2本挟み込んでテコの原理を利用しグイッと持ち上げると、ホイールからタイヤのビートと言われるフチの部分がズボっと抜けてくれるはずです。

もし抜けない場合は固着してしまっているので、よくタイヤをもみ込んでからもう一度挑戦してみましょう。

一部が外れたら、一本タイヤレバーを抜き取り、残したタイヤレバーの隣から外していく言う形で一周外していきます。

 

ぐるっと一周外せば、反対側はタイヤレバーを使用しなくても外れるはずです。

固着している場合は反対側もタイヤレバーを使い、ゆっくり一部をはがしそこから手でもみ込むようにゆっくりはがしましょう。

チューブのみ交換する場合、パンク修理する場合には片側だけビートを外してチューブだけ取り外して交換してもOKです。

 

3.チューブを外す

タイヤだけを交換したい場合には、チューブが劣化していなければそのまま使うこともできますが、チューブが伸びてしまいうまくはまらないことがあり、またせっかくならば新しいものにした方が寿命は長いのでこのタイミングで交換をおすすめします。

作業自体は項目にするほどのことではなく丁寧に手でタイヤからチューブを抜きとるだけの作業ですが、一応チェックしておきたいポイントがあります。

 

まずチューブにひび割れはないか。

チューブにひび割れがある、もしくは空気を抜いた後乾いたざらざらとした感覚になっている場合は交換時です。いずれパンクするので新品に変えておいた方が良いでしょう。

 

次に、水で濡れていないか

タイヤとホイールはしっかり密着しているので通常濡れることはないのですが、水がしみているということはタイヤが劣化している証拠なので、パンク修理が目的で外した場合にもタイヤも一緒に交換した方が良いでしょう。

 

最後に、リムテープの劣化

リムテープは画像の白い部分のことです。ホイールにはスポークを固定するためにねじの山がありますが、これにチューブが触れるとパンクするのでチューブを守るための部品です。

通常過度に劣化することは少ないですが、割れたりはがれているようだとうまく守ってくれないので劣化しているようなら交換してしまいましょう。

 

4.ホイールにタイヤを付けなおす

ホイールにタイヤを付けなおすのは、外すのよりもすこしコツがいります。

 

①片側のビートをリムにはめこんでいきます。

これは手だけで比較的簡単に入れることができます。

 

②もう片側の隙間からチューブを入れ込みます。

まずはバルブから入れます。このときバルブをホイールにナットで止めてしまってもOKです。

このとき、チューブには握ると簡単に潰れるぐらいの空気を入れておくと入れやすくなります。

またチューブの方向に気をつけましょう。ねじれていると空気を入れた時にパンクしてしまう可能性があります。基本的にチューブの内側に線が入ってることが多いのでその線をリムテープ側に向けるようにして入れていきます。

 

③もう片側のビートをはめ込んで完成

この作業が大変です。

リムが片方入っているのでビートが張って最後の方はうまく入れ込むことができません。タイヤレバーなどをうまく使ってはめ込んでいきましょう。

このときチューブがリムに噛んでしまうのは絶対にさけましょう。空気を入れた時にパンクしてしまいます。

欲を言えば、タイヤに表記してあるラベルをチューブの位置に合わせることをおすすめしますが、初めてだとそこまで気が回らないですし自分で出来るようになれば気にしなくてもOKです。

これが完了すれば終わったも同然です!

 

5.空気を入れて完了!

ここまでくればもう終わったも同然です。

リムから見えるタイヤが波打っていないかチューブが噛んでいないかを確認したら空気を入れていきます。

空気の量もタイヤに表記されているのでそれに準じた気圧の空気を入れれば・・・

 

完成です!

所要時間は約35分。写真を撮りながら、教えながらでも1本20分かからずに完了しました。

自転車にタイヤを戻す時、元の位置にぴったりつけられれば問題ないですが微妙にでもずれてしまうと変速機の調整も必要になるので、この点は注意が必要です。

 

最後に

どうでしょう。意外と簡単ではないでしょうか?

スポーツサイクルにおいては必須のスキルと言っても過言ではないので、ぜひ覚えておきましょう!