初めてのスポーツサイクル。マウンテンバイク・クロスバイク・ロードバイク違い

Pocket

スポーツサイクルの選び方

ママチャリよりも性能のいい自転車を求めてスポーツサイクルを探す人が増えてきました。
でも一口にスポーツサイクルと言っても、マウンテンバイクやクロスバイク、ロードバイクなどの種類があって、初めてではどれを選べばいいのかわからないこともしばしば。
そこで今回はそれぞれの特徴と、それぞれどんな人に合っているかを解説していきます。

ロードバイクの特徴

スピードが特徴のロードバイク

スポーツサイクルの最たるもので、長時間の運転とスピードに特化したスポーツサイクルです。
価格も比較的高く、性能に比例して価格は天井知らずに上がっていきます。
ホイールやタイヤ、フレーム、変速機(切り替え)、ハンドル、ハンドル取り付け部など細部にいたるまでパーツの交換が可能で、自分の体に合わせた一台を作ってサイクリングを楽しむことができます。
ハンドルが後ろに向かって曲がっているのがロードバイクの特徴の一つで、走行中前傾姿勢になれることや、疲れにくいメリットがあります。
変速機も一般的な自転車とは使い方が違うので、自分に合わせた調整と慣れが必要です。

ロードバイクはどんな人に合っている?

ロードバイクは数十kmを超える長距離のサイクリングを想定している人におすすめです。
マウンテンバイクやクロスバイクに比べてダントツで軽く、疲れにくい上にスピードも出るので長距離のサイクリングにぴったりです。
ただし段差が苦手なので舗装路を走る必要があります。

マウンテンバイクの特徴

オフロードで力を発揮するマウンテンバイク

主にオフロードを走ることに特化したスポーツサイクルです。サスペンションを1~3カ所装備し、悪路を走行するときに段差や着地の衝撃から守ってくれます。
タイヤやサスペンションをぬかるみや砂利道、アップダウンや雪道までどの様な悪路を走るかに合わせて改造することで様々な道を走ることが可能です。
マウンテンバイクは特にブレーキ性能が高く、水や泥が付着してもしっかり減速できるように設計されています。
子供用もありなじみの深いマウンテンバイクですが、スポーツサイクルのマウンテンバイクは軽さと丈夫さに特化していて、見た目に反して一般的なママチャリよりも軽いことがほとんどです。

マウンテンバイクはどんな人に合っている?

山道や冬道などオフロード走行を楽しみたい人は勿論、街中での移動を想定している方におすすめです。
ただしロードバイクやクロスバイクに比べると重く、タイヤも転がりにくいブロックタイヤを装着していることが多いので長距離の運転には体力が必要です。

クロスバイクの特徴

汎用性が特徴のクロスバイク

クロスバイクは中距離のサイクリングに特化したスポーツサイクルです。
軽量でシンプルな作りなので初心者にも扱いやすく、ちょっとした移動にも気軽に使えるのがメリットです。
シンプルなので拡張性も高く、改造することでロードバイクに近い運用をすることも可能です。
クロスバイクにも様々あり、ロードバイクに近いクロスバイクや、マウンテンバイクのようにサスペンションのあるクロスバイクもありますが、主流はロードバイクに近いクロスバイクです。

クロスバイクはどんな人に合っている?

オフロードを走るわけでもなく、長距離も走らないけど高性能な自転車が欲しいという方におすすめです。
そのままでもママチャリなどとの性能差は十分実感することができます。
通勤から数十kmのサイクリングも両立して使えるので、趣味と実用の両立を考えている方にぴったりです。

まとめ

それぞれ特化した性能があり、一概にどれが一番良いといえる物ではありませんので、自分の思い描く自転車の運用法に合ったスポーツサイクルを選ぶことが重要です。
最近ではスポーツサイクルを扱う自転車専門店も増えてきたので、一度実際に現物を見てみることをおすすめします。