ルック車とは?注意するポイントは?

Pocket

こんにちは!コラム担当のしおやです。

今回は、スポーツサイクルを買おうとした時に一度は聞くであろう「ルック車」について語っていきたいと思います。

ルック車はLOOK社の自転車というわけではなく(むしろLOOK社はルック車と対極にあります)、見た目だけの自転車と言う意味。

本格的なスポーツサイクルを乗る人間から忌み嫌われる存在ですが、なにがどう悪いのでしょうか?

今回はそんなルック車について、なぜ嫌われるのか、問題点と活用法についてご紹介していきたいと思います。

 

ルック車って具体的にどんなもの?

ルック車とは、マウンテンバイクであってマウンテンバイクでない、ロードバイクであってロードバイクでないといったような自転車を指します。

もっと具体的に言うと、マウンテンバイクなのに山道を走れないロードバイクなのにスピードが出ないといったように、形はどう見てもマウンテンバイクやロードバイクなのに性能が全く見合っていないような自転車を指します。

実際、マウンテンバイク系のルック車には「オフロードを走らないでください。」といった旨の注意書きをしたシールが貼られています。

主にホームセンターなど量販店やネット通販で扱っていて、価格もメーカー品に比べると半額以下のものが多いです。

 

下記の動画が参考になるので必見です。

プロのライダーが日本円にして2万円弱のルック車のフルサスペンションマウンテンバイクを、本物のオフロードで走らせるとどうなるかと言うチャレンジです。

新品をメンテナンスし挑戦したわけですが、結果はジャンプ中にステムが壊れハンドルがぶらぶら、後半にはブレーキが使い物にならず非常に危険な状態だったことが見受けられます。

フレームやサスペンションは耐えた点にびっくりですが、少なくともルック車でフルサスマウンテンバイク本来の使い方をするとこのように耐えられないということがわかります。

 

 

ルック車は別に悪くない

あれ?一般論と違うじゃんと思う方もいると思いますが、筆者は基本的に「わかってて買うならルック車は悪くない」という考えです。

ルック車は本来の性能より劣っているスポーツサイクルのような形をした安い自転車なので、逆にいえばあくまで「性能に劣ることを理解した上で一見の見た目を重視して安い自転車が欲しいなら用途に合ってると考えるからです。

実際購入した方で満足している人も多く、ネット上のブログなどでは

  • ルック車でスポーツ自転車の楽しさを知った
  • ルック車でもママチャリより性能がよく驚いた

と言った声が見られます。

よく酷評されているので「ルック車は危ない!!!」とばく然的にイメージしている方も多いと思いますが、普通に乗ってて壊れるならそれはルック車どころかただの不良品、粗悪品です。

実際安さを追い求めるあまり品質管理を怠り、これ安全性だめじゃない?と思うようなルック車もありますが、基本的にはママチャリなどのように街中を短距離スピード出さずに普通に乗ってて急に壊れるようなものはほとんどないと言えます。そんなに事故だらけなら訴訟だらけで経営成り立たないですもんね。

なので、あくまで予算があるなら名の通ったメーカー品を買うことをお勧めしますが、ルック車がメーカー品に比べ性能に劣ることが分かっていて買うならいいんじゃないかなと思います。

それではどういった形でルック車を買ってしまうとダメなのかを考えてみましょう。

 

ルック車の何がダメなの?

上記した点でおおよそ見当がついたかとは思いますがルック車がダメと言われる理由をさらに掘り下げて考えてみましょう。

もしルック車でもいいんじゃない?と購入を考えている人がいるなら、下記するようなポイントが気にならないなら買ってもいいのではないかと思います。

 

スポーツサイクルにあこがれる人を騙したような形になってしまうことが多い

ちょっと痛烈な書き出しですが、これは単純に性能が悪いということです。

オフロードをマウンテンバイク走ってみたい!と思っている人が、ルック車のマウンテンバイクを買ってしまったらどうでしょうか。オフロードは走れない、むしろ走るのが危険なものに数万円かけて買ってしまうことになるわけです。

長距離や上りをスピードを出して颯爽と走ってみたいと思っている人がルック車のロードを買ってしまったらどうでしょう。こちらも十分な性能を有しているとは言えません。

こういった誤解の上で成り立っている商売と言ってしまえばそれまでですが、買ってしまった人はがっかりしてスポーツサイクルに取り組む意欲が下がってしまってもおかしくないですよね。

これはルック車を製造しているメーカーだけでなく、説明せずに売ってしまう販売店にも問題があると思います。

 

 

整備に不慣れな店で売られていることが多い

ルック車は基本的に専門店には置いていません。

何故かというと、万が一にもルック車が製品上の特性で壊れても販売店の評判も落ちますし、本格的なスポーツサイクルを探している客からすれば「こんな物置いてるのか」と思われても仕方がないからです。

整備に不慣れな店の場合、入荷時の組み立てや初期点検が良くないということもよくあります。

ルック車を置いているような店の場合、主力はママチャリやシティサイクルなどの自転車でスポーツモデルの整備は慣れていませんが、ルック車にも一部スポーツモデルと同じパーツが組み込まれているので知識がなければその整備に不備がある場合もあります。

私が自転車の販売員をしていた時、ルック車のロードを持ち込んだ少年が「買ってすぐなのに帰り道でパンクしちゃって・・・」と残念そうに語っていたことがあり、穴のあき方からおそらくこれだろうなぁと思いつつエアゲージでパンクしていなかった方のタイヤの空気圧を測ってみると全然少なかったということがありました。

700cのタイヤは特に空気圧がシビアで、足りないとチューブがつぶれてリムに押しつぶされパンクと言うことがよくあるのです。

おそらく組み立てた人間が規定空気圧を知らなかったか、仏式バルブ用の空気入れがなくてアダプターを付けて無理やり英式バルブの空気入れを使ったと言うところでしょう。

リム打ちパンクは大きめの穴が2つも空いてしまうのでパッチでは直せず、少年は買っていきなりチューブ交換代金を払うことになりました。これは正直に言って「販売店の責任」です。

ちなみに私の勤めていたショップは良くも悪くも来るものを拒まないショップでしたが、多くの専門店ではルック車の持ち込み修理を嫌います。

適切な修理方法を取っても自転車側の品質で不良が出ることもありますし、独自規格を取っていてそもそも簡単に修理ができないこともあるからです。

 

空気入れはメーカー品、ルック車問わず必ず持って置くようにしましょう。

 

 

寿命が短い

品質と言うのは性能だけでなく、成型方法や製造、組み立て、構成パーツにまで及びます。

ルック車はメーカー品に比べて重いことが多いです。これは成型技術に劣る部分が多く、薄く強度を出すフレームと言うのが困難と言うのが一因になっています。

フレームと言うのはただガチガチに硬めればいいという物ではなく、強度の配分をうまくしないと破断の可能性も出てきますが、ルック車にそこまでこだわったメーカーはないでしょう。

また価格を抑えるためにパーツも耐久性に劣るもののが使われていたり、無理やり安価な物を使っている場合が多いです。

こうなるとすぐに破損してしまったり、交換が困難な場合もあります。たとえばすぐに錆ついてしまう、変速がうまくいかないぐらいならばまだいいですが、ブレーキやフレームが壊れてしまうと事故につながることになってしまいます。

なので長く使うこともできますが困難なので、より細部のメンテナンスや状態チェックに気を配る必要が出てきます。

 

ギミックが増えればその分故障個所も増えるということなので、ある程度の知識を持ちメンテナンスにもよく気を配るようにしましょう。

 

最後に

自転車を知らない友人に「しおやの自転車っていくらくらいなの?」と聞かれ、「ベースが○万円ぐらい」と答えるとたいてい「高っ!ホームセンターで3万円ぐらいで売ってるじゃん」と言われます。

日本だと自転車は安い気軽な乗り物という認識が強く、高い自転車を買うという感覚がないのかもしれませんが、スポーツサイクルのイメージがルック車を中心にされているのは悲しいし危険なことです。

私はルック車は悪くないという考え方ですが、あくまで性能を理解したうえで買うべきと考えます。

自転車は素晴らしい乗り物ですが、事故に遭えば大事故になります。実際大きな後遺症が残った方もいます。残念なことにルック車は見た目と求められる性能が見合っていないことからその可能性が高いと言えるので、その点をよく理解して購入するようにしましょう。