原点回帰で快適に!サスペンション付きクロスバイクの特徴とおすすめモデル

Pocket

クロスバイクはもともとマウンテンバイクの特性を持ちながら街乗りも快適に走れるよう開発されました。

日本においては舗装路に特化したクロスバイクが人気ですが、元来のクロスバイクにも様々なメリットがあります。

今回は具体的にマウンテンバイクとの違いや適した運用法、おすすめモデルをご紹介します!

 

 

クロスバイクはマウンテンバイクがベース

日本では舗装路を走るクロスバイクが大多数を占めていますがクロスバイクはもともとマウンテンバイクがベースになっています。

ぬかるみや山道に対してメリットのあるブロックタイヤは舗装路では抵抗が大きく走りにくくいので、街乗りに適したタイヤに変更したものがハイブリッドバイクとして人気を得ました。

現在ではより舗装路に特化したサスペンションも排除したモデルも多くありますが、街乗りにおいてもサスペンションがあることで小さな段差をスルーして走ることもできるので大きなメリットにもなります。

最近では、こういったハイブリットタイプのクロスバイクもマウンテンバイクカテゴリーとして紹介されることが多いので、街乗り用にサスペンションが付いたモデルを探している場合はマウンテンバイクもリサーチしてみることをおすすめします。

 

 

マウンテンバイクとサスペンション付きクロスバイクの違いは?

TALON 1

 

出典:Giant Bicycles

一見違いのないサスペンション付きクロスバイクとマウンテンバイクですが、細かく見てみると違いがあります。

まず先述したようにタイヤが街乗り向きになっている点。パンクしにくくグリップ力の強いブロックタイヤの方が何かといいのではないかと思われがちですが、実際に乗り比べると全く乗り味や疲労が違います。

また、マウンテンバイクの場合ギアもオフロードの場合段差などスピードよりもトルクが必要な場合に向けて、フロントのギアに漕ぎだす力の得られる小さいギアが採用されていますが、クロスバイクはスピードが出しやすく疲労や勾配に合わせて選択できるような幅広い構成になっています。

メーカーによってはクロスバイクはマウンテンバイクよりも前傾姿勢で乗れるように設計されていることがあります。

 

逆にいえばサスペンション付きクロスバイクを本格オフロードで使用すると危険であるとも言えるので、サスペンション付きクロスバイクでは舗装されていない山道や、タイヤが深いぬかるみなどスリップしやすいような状況では走らないことをおすすめします。

 

 

サスペンション付きのクロスバイクのおすすめモデル

 

【LOUIS GARNEAU TR1】



出典:LOUIS GARNEAU

価格:¥59,000(税抜)
フェンダー(泥除け)を装備したシティサイクルのようなスタイルに、フロントサスペンションを装備したモデルです。
パーツ構成的にぬかるみや砂利道などオフロードには厳しい物がありますが、街乗りでの段差への耐性が欲しい場合には大きなメリットのあるモデルと言えます。

 

 

【TREK DS 2】



出典:DS 2 TREK

価格:¥65,880(税抜)
コンポーネントにマウンテンバイク用を装備し、オフロードの走破性も確保したきわめてマウンテンバイクに近いモデルです。
ギアの選択肢はオフロードを駆け抜けるよりは街乗りに適した構成になっているのでちょっとした悪路と舗装路の乗り分けにももってこいです。

 

 

【GIOS MISTRAL GRAVEL】



出典:JOB International

価格:¥59,800(税抜)
フロントサスペンション、セミブロックタイヤはサスペンション付きクロスによくある構成ですが、疲れにくい平型のグリップに、クッション性が高く座りやすいサドルに、サドルの根元(シートポスト)にもサスペンションを装備しているまさしくオフロード、街乗りのハイブリッドな構成になっている一台と言えます。

 

 

【CENTURION CROSSLINE50】



出典:CENTURION センチュリオン

価格:¥65,000(税抜)
日本ではまだなじみのないメーカーですが、ドイツでマウンテンバイクを主力として扱うメーカーです。
MERIDAと提携することでコストパフォーマンスの良いモデルを打ち出しており、このCROSSLINEもサスペンション、ディスクブレーキを装備しながらも低価格で今後日本でもシェアの増えそうな注目のモデルです。

 

 

【GIANT SNAP】



出典:Giant Bicycles

価格:¥47,000(税抜)
ストリートMTBと位置づけられたMTBに近い構成をされたモデルです。
舗装路や濡れた道にも対応できるマルチなタイヤに、舗装路での制動力の高いVブレーキ、幅広い速度に対応する21段変速とクロスバイクの原点といえる構成になっています。

 

 

原点回帰で快適性アップ!

サスペンション付きクロスバイクは近年数を減らしており、日本でも流通している主要メーカーを探ってみても今回ご紹介したようなモデルしかないのが現状です。

しかしサスペンション付きクロスバイクはクロスバイクの原点とも言えるモデルで、街乗りにおいても天候や道路状況にある程度対応できるスペックを持ったメリットのある自転車と言えます。

通勤通学の普段使いにも、ぜひサスペンション付きのクロスバイクを選んでみてはいかがでしょうか?