堅実なラインナップが魅力!MERIDAのクロスバイクを徹底紹介

Pocket

クロスバイクメーカーとして最近台頭してきたのが今回ご紹介するMERIDAです。

ラインナップを減らして縮小傾向かなと思いきやそんなことはなく、実は筆者一押しのクロスバイクはMERIDA製でもあります。

今回はメリダのクロスバイク全7車種を徹底的にご紹介します。

 

イメージ以上のクオリティが並ぶMERIDA

ROAD-BIKE

出展:メリダ―MERIDA―

メリダはGIANTとよく比較して評価されます。これは両社台湾のメーカーと言うだけでなく、会社の発展した経緯も似ているからです。

メリダもヨーロッパや北米のメーカーから受注を受け生産することで技術を蓄積し、自社がここまで大きくなった今でもコストと品質の高さが好評で多くの受注生産を続けています。

他社がメリダから仕入れて販売しているということを考えると、メリダはその分安く販売できるということです。

安いだけでは良くないという考えが経営の基盤になっているメリダは、いつまでも乗ってもらえるよう品質にも力を入れています。

台湾にはGIANTという大企業もあり、もともとマウンテンバイクが主力だったメーカーというイメージもあるのでオンロードモデルは日陰的な存在でしたが、レースへの力の入れようからもわかるとおり、近年のオンロードモデルの品質とコンセプトは非常に目を見張るものがあります。

近年ラインナップを減らし、クロスバイクにおいては7車種と少ない印象はぬぐえませんが、少数精鋭のおすすめモデルばかりです。

それぞれの特徴をご紹介していきます。

 

 

メリダのクロスバイクは大きく分けて2系統

メリダが現在展開しているのはCROSSWAYシリーズと、GRANSPEEDシリーズの2つです。

一見少ないですが、パーツ構成やつぎ込んでいる技術が違いこだわって見てみると意外に違いがあり面白いので、それぞれ分析してみましょう。

 

CROSSWAY

CROSSWAYは普段使いなどを想定した乗りやすいモデルと言えます。価格やパーツ構成を変え、4車種を展開しています。

 

CROSSWAY 100-R

出展:メリダ―MERIDA―

価格:¥53,900(税別)

CROSSWAYシリーズで最も安いのが100-Rです。

フレームはメリダお得意のTFS工法で成型されたアルミフレームで、チューブの形状も複雑で見た目もスポーティなモデルになっています。

タイヤは28c。スリックではないので街乗りにもちょうどいいですね。

ギアはフロント3速、リア8速の24段切り替えと幅広くなっています。

カラーはブルー、オリーブ、ブラック、シルバーの4パターンを展開しています。

シフターはSHIMANO社の廉価コンポとマウンテンバイク用入門コンポを中心に、ブレーキにはテクトロ社のブレーキセットを構成しているので動作もまずまずといったところ。

重さは11.9kgと少々重めですが、とりあえず通勤通学に、安いクロスバイクが欲しいという場合にもってこいです。

 

 

 

CROSSWAY 110-R

「CROSSWAY 110-R」の画像検索結果

出展:メリダ―MERIDA―

価格:¥53,900(税別)

上記した100-Rより数字が増えているので上位モデルかと思うかも知れませんが、位置付けは100-Rの小型版といった感じになっています。

タイヤ径やコンポはほぼ同じですが、まずフレームのジオメトリーが変更になり、シートをより下げられるような設計になっています。

それに合わせてシート、サドル、ステムなどをショート化、小型化しています。

対応身長も100-Rではそれぞれのフレームサイズで150~190cmでしたが、110-Rでは145~175cmと身長が低めの方は勿論、ジュニアや女性に適したサイズになっています。

ヨーロッパ系メーカーでは対応していないサイズも一つのラインナップとしてジオメトリーを変更して展開してくれているのは嬉しいポイントですね。

 

 

 

CROSSWAY 200-MD

「CROSSWAY 200-MD」の画像検索結果

出展:メリダ―MERIDA―

価格:¥59,900(税別)

200-Rの最大の売りは機械式ディスクブレーキが採用されている点です。

ディスクブレーキはその他のブレーキと違い制動力を伝える部分がリムではなくハブの根元についたディスクなので、タイヤの汚れの影響を受けにくくなります。

クロスバイクは通勤通学に使用することが多いと思いますが、急な雨に降られてもディスクブレーキ採用モデルなら安心です。

それでいて税抜き6万円を切る価格はメリダの真骨頂と言えますね。

ギアは100-Rと同じくフロント3速、リア8速の24段切り替えと幅広い選択ができます。

カラーパターンは、グリーン、レッド、ブラック、ホワイトの4種類。スポーツサイクルでレッドは結構珍しい色なので赤好きの皆さんのお眼鏡にもかなうかも知れませんね。

ディスクブレーキは今後オンロードモデルにおいても主流になるであると考えられているので、今のうちにトレンド先取りしておくのもいいかもしれません。

 

 

 

CROSSWAY 300-R

「CROSSWAY 300-R」の画像検索結果

出展:メリダ―MERIDA―

価格:¥81,900(税別)

300-Rはよりスポーティーな走行を想定したクラスのCROSSWAYです。

フレームは最上級素材を使用したアルミフレームで、フォークはカーボン製です。

ワイヤーはインナー式で、走行中邪魔になることもなくトラブルを避けることができます。

コンポはトレッキング用の入門グレードアビリオとマウンテンバイク用入門グレードのアルタスを中心に構成されています。

ブレーキは制動力の高いVブレーキを採用し、信号の多い街中でのストップアンドゴーも快適に走行することができます。

ギアはフロント2速、フロント9速の18段変速と前述したモデルよりもスピード重視になっています。

重量も9.9kgと軽量で、街乗りもサイクリングも想定できる一台です。

 

 

GRANSPEED

グランスピードはフラットバーロードと呼ばれる、より走行性能にこだわったクロスバイクです。

メリダのGRANSPEEDシリーズは筆者も購入を検討しているおすすめクロスバイクの一つなので、ぜひチェックしてみてください。

 

GRAN SPEED 80-MD

「GRAN SPEED 80-MD」の画像検索結果

出展:メリダ―MERIDA―

価格:¥73,900(税別)

一見してフレーム形状がCROSSWAYシリーズと違うのがわかります。

これはロード譲りのスピード重視のジオメトリーを追求した結果で、ポジションも筋肉を使いやすくなっています。

フレームはアルミ製で、フロントフォークはカーボン製です。

ブレーキは機械式ディスクブレーキで、環境を選ばず安定した制動力を発揮しやすくなっています。

ギアはフロント3速、リア8速の24段変速になっています。

重量も10.5kgとアルミフレームのディスクブレーキ採用モデルにしては十分軽量と言えます。

価格が安いこともありカラーはブラックの1種類でコンポは比較的安価な構成ではありますが、カーボンフォークとディスクブレーキを装備し、ワイヤーインナー式ということを考えれば十分すぎるコストパフォーマンスと言えます。

長距離の通勤通学や、今後趣味でサイクリングをしてみたいと思っている方にもおすすめのモデルです。

 

 

 

GRAN SPEED 200-D

「GRAN SPEED 200」の画像検索結果

出展:メリダ―MERIDA―

価格:¥91,000(税別)

上位グレードと同じくメリダと契約している専門店でのみ取り扱っているこだわりのモデルです。

その最たる理由はディスクブレーキが油圧式にグレードアップしているからでしょう。

同じディスクブレーキでも同じ力でレバーを引いた時、機械式よりも油圧式の方が制動力が高いのですが、構造が独特であるためメンテナンスにはある程度の技術が必要になります。

フレームなどの構成は80-MDと近いですが、変速系のコンポはロードクラスのSORAを採用し、ブレーキはマウンテンバイク用の入門グレードアルタスを採用していますので動作も信頼性が高いです。

ギアはフロント2速、リア9速と、ロード系コンポを使用していることもありエントリークラスのロードに近くなっています。

パーツ構成などを見るとかなりロードに近くなっていますので、距離を伸ばしたサイクリングにおすすめのモデルです。

 

 

 

GRAN SPEED 300-D

「GRAN SPEED 300-D」の画像検索結果

出展:メリダ―MERIDA―

価格:¥111,000(税別)

こちらもメリダと契約している専門店でのみ取り扱っているモデルです。

80-MDや200-Dよりも価格が高いからいい、というわけではなく、このモデルは評価が分かれそうな気がします。

というのも基本構成は200-Dと近いのですが、フロントギア(クランクギア)が1速になっています。

ギア比的には通常2速あるクランクギアの中間なので重くも軽くもないのですが、選択肢が狭いということはスピードや疲労に対しての選択肢が狭いとも言えます。

リアが11速なので11段階選択肢はありますし、変速系コンポも上位グレードで信頼性も高いのでユーザーの好みに依存する形になります。

重量もフロントギアを減らしたことにより9.9kgと軽量なので基本スペックも悪くないモデルです。

平坦区間で走る場合にはおすすめのモデルですが、起伏のある道の場合は200-Dも視野に入れて検討することをお勧めします。

 

 

こちらは2017年モデルのGRAN SPEEDのご紹介です。

 

 

堅実なモデルが魅力のMERIDA

今回メリダのクロスバイクラインナップ全7種ご紹介しましたが、どれも非常に堅実なラインナップと言えます。

よく比較されるGIANTのラインナップと比べると、GIANTは特化性のある攻めたラインナップを多数輩出していることに対して、メリダは少ないながらもどれを買っても失敗しない、いい意味で売れそうなモデルばかりという印象を持ちました。

初心者が「どれを選べばいいかわからない、予算はこれぐらい」という形でクロスバイクを探している場合に、メリダのラインナップであればどれを選んでも失敗しにくいでしょう。

GRAN SPEEDのラインナップからもわかるとおり、少し目の肥えたユーザーから見ても魅力のあるモデルもあります。

近年ロードバイクに力を入れているメリダが自信を持って輩出しているクロスバイクを、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。