ロードバイクのもっともポピュラーな楽しみ方!ロングライドの魅力とは?

Pocket

ロードバイクを購入する方の多くが長距離のサイクリングを楽しみます。

自転車で長距離走るだけ何が楽しいの?と思う方も多いかもしれませんが、スポーツバイクのロングライドは魅力がたくさんあります。

今回はロングライドに挑戦しようか迷っている方にロングライドの魅力をご紹介します。

 

 

魅力たっぷりのロングライド!

ロードバイクユーザーの多くが楽しむのが長距離をサイクリングするロングライドです。

一般的には100kmを基準にした長距離のサイクリングをロングライドと言います。

自転車で100km走ると思うと経験のない方は無理だと思うかも知れませんが、ロードバイクなら思っているよりも簡単に走れてしまいます。

筆者自身有酸素運動は苦手なのですが、不思議とロードバイクに乗ると少しでも長く乗ってみたいと思う魅力があります。

今回は多くの人を魅了するロードバイクでロングライドする魅力をひも解いてみましょう。

 

 

健康効果

健康はよく足からと言いますが、自転車ではその足を中心に運動することができます。

サイクリングは激しい坂道を除いて有酸素運動になりますが、有酸素運動にはダイエット効果や筋力維持、血管の老化防止など様々な効果があると言われています。

また多くのスポーツでは長年運動不足だった方は膝関節への負担が気になりますが、自転車は比較的膝関節への負担が少なく有酸素運動を行うことができるので運動不足解消を目的にする方には大きな魅力になります。(体力に不安があれば距離は徐々に伸ばすようにしましょう)

同じくロードバイクの楽しみ方の一つとして一般化しているヒルクライムも十分運動にはなりますが、無酸素運動の割合が大きくなるので関節への負担や急激なエネルギー消費でハンガーノックの心配や筋肉への負担も大きくカロリー計算、体調管理がシビアになってくるので初心者にはロングライドの方が行いやすいでしょう。

負担が少ないといえど体力を消費するののは違いないので、くれぐれも無理なライドは避けるようにして徐々に距離を伸ばすようにすることをお勧めします。

 

身体的な変化をより数値化するために、ちょっと奮発して心拍計を付けてみるとより安心です。

 

 

 

体力的な自信を感じられる

多くのロングライダーは「走り切った後の達成感がやみつきになりロングライドに出かけている」と言う方が多いです。

たしかに目標のルートを走り切ったときの達成感は非常に大きいといえます。

自転車に乗ること自体はさして特別なことではないですが、自動車でも億劫な距離を自分の足で走り切ったときの特別感と達成感は大きな魅力です。

未経験で100kmというと何時間かかるんだろう、どれだけ辛いんだろうという不安が実際に走り切ったときは自分の体力への自信にもなります。

ロングライドの後の達成感はストレス解消につながるという声も多く、ストレスの多い日本においてはこれがロングライドにおける一番の魅力なのかもしれません。

 

 

 

小旅行感覚で行ける

100kmのロングライドで考えると片道50kmですが、仮に東京駅を中心に考えると半径50kmのなかには鎌倉が入ります。(直線距離で計算)

鎌倉観光に行くだけであれば電車でも十分ですが、自転車の魅力は途中で見つけたお店にも入りやすいということでしょう。

他の移動手段では気づいた時にちょっと立ち寄るというのは難しいのでこれは自転車だけにある魅力と言えます。

見えてくる風景も車や電車とは全く変わってくるので、目的地以外の観光も楽しめる小旅行を楽しめるのは自転車ならではです。

 

目的地を決めてロングライドに出かけるときはスマートフォンを活用すると迷う心配が大幅に減ります。もちろん走行中の操作は厳禁です。

 

 

 

初期投資が安い

長距離だけを目指すのであれば、もちろん高性能であることに越したことはありませんがエントリークラスのロードバイクでも十分対応できます。

平地をメインに時間にそこまでこだわらず走るのであればそこまで軽量高性能である必要もないですし、メーカー品で長距離乗り続ける耐久性さえあれば十分ロングライドは楽しめます。

本当に何もこだわらなければ7万円台から発売されています。

ただしヘルメットやウエア、ライトなどの基本的な装備品は必要になるので税込8万円でロードバイクを購入したとしても+2~4万円は装備品で見積もる必要があります。

ヒルクライムと比較すると、ヒルクライムは軽さが物を言う為最低でも15万円以上のモデルは必要になってきます。

ヒルクライムも魅力的な楽しみ方ですが、エントリークラスのロードバイクを買ってしまった、またはエントリークラスのロードバイクしか予算に見合わないという場合にも、ロングライドであれば無理なルートさえ選ばなければ十分楽しめるのも魅力になります。

ただしエントリークラスのロードバイクは性能と汎用性に欠けるので、これから購入を予定し予算があるのであればミドルクラスのロードバイクを選んでみるとロングライドもより快適に、また他の楽しみ方も見出せるのでミドルクラスのほうがよいでしょう。

 

 

 

交友関係が広がることも?

地域にもよると思いますが、チャリダーは意外と仲間意識の強いところがあります。

サイクリングロードですれ違うと手を上げて挨拶されるのは日常茶飯事です。

サイクリングロードや、サイクリングの人気コース上にある道の駅などでは声をかけられたりもします。

そこで仲間ができることもありますし、コースやショップなど有益な情報を得ることができたりもします。

筆者も基本的に一人が多いのですが、いわゆる列車で数人で走れば疲労具合も変わりますし何かあったときにも心強いです。

なにより同じ趣味を共有できるのは仲間を作る最大の魅力とも言えます。

 

 

 

性能差がわかりやすい

ロードバイクを新しく購入した時や、パーツを変えた時にまずロングライドに出る方が多いです。

それは単純にロングライドが好きという以外にも、ロングライドすることで性能の変化がわかりやすいという魅力があるからです。

長距離を走ると走行距離や平均巡航スピード、疲れ具合などで性能の変化がよくわかります。

性能の変化を体でダイレクトに体感できるのもロードバイクの楽しみなので、ロングライド派でなくともカスタマイズした後にはぜひロングライドに出かけてみましょう。

 

ロングライドにおいて性能差を良く感じられるのは、サドル、タイヤ、ホイールなどです。

 

 

 

初心者から上級者まで魅力があるのがロングライド

上記した魅力以外にも、ロングライドを楽しむ皆さんそれぞれのロングライドの魅力を感じていると思います。

ロングライドをお勧めする理由の一つとして、初心者から上級者までそれぞれに楽しめる魅力があるというのが挙げられます。

まだ体力に自信がなくて長い距離走れなくても、道すがらで軽いおやつを楽しんだり、フィットネスという目的で行えるのも魅力です。

中級者になれば性能の変化を体感したり、ちょっと距離を伸ばして目的地を目指すもよし、上級者になったらより長距離を速く走ろうというストイックな楽しみ方をすることもできます。

まだ体力が追い付かないからとあきらめずに、まずは無理せず今後長く付き合えるロングライドという楽しみ方の基盤づくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。