ヒルクライム派のロードバイクにおすすめのカスタマイズ

Pocket

ヒルクライムは最もストイックなロードバイクの楽しみ方でしょう。

体力ももちろん重要ですが、カスタマイズすることでロードバイクが坂を少し楽にしてくれることもあります。

今回はヒルクライムに挑む前に施したいロードバイクのカスタマイズをご紹介します。

 

ヒルクライムは軽さが武器になる

ヒルクライムにおいて最大の敵は重力です。坂道では重力で後ろに引っ張られているのを押し切って進む必要があります。

このため少しでも軽くすることがヒルクライムにおいて大きなメリットになります。

軽量モデルのロードバイクを選ぶことも有効ですが、カスタマイズでここからさらに軽量化することもできます。

今回はヒルクライムに挑むことを想定して軽くするカスタマイズをご紹介します。

 

 

サドルの軽量化

出展:Giant Bicycles

坂道ではスピードを出したいとき、厳しい坂にさしかかったときなどにダンシング(いわゆるたち漕ぎ)するのが定石です。

ダンシングは自転車が左右に振れますが、この時に自転車の中で最も高い位置にあるサドルが重たいと遠心力で自転車が暴れ、制御するために体幹に必要以上の疲労が来ます。

また単純な車体重量を考えても効果の大きいカスタマイズになります。

通常ロードバイクの完成車に採用されているサドルは200~250g程度ですが、軽量サドルとして売られているものは150g、100g前後もあり簡単に100g以上の軽量化ができます。

またシートポストもカーボンなどの軽量のものにカスタマイズして軽量化を図るのもよいでしょう。

 

 

 

タイヤの軽量化

出典:株式会社 深谷産業 Michelin

タイヤは比較的簡単に交換でき、なおかつ効果の大きいカスタマイズです。

タイヤも軽量化するとよいと言われていますが、ヒルクライムは基本的に山道で行うことになるので軽量のタイヤだと薄手のものが多くパンクが心配です。

タイムを競う場合は軽量タイヤを装備するのもありですが、趣味乗りにおいてはタイヤの薄さまではこだわらず細さまでにとどめておくことをお勧めします。

20c、23c辺りの細いタイヤであれば太いタイヤよりも軽量で転がり抵抗も小さいといえます。

ただし衝撃吸収性は劣るので、路面状況などによっては少し太めに変えておいた方が安心でしょう。

カスタマイズ目的でなくとも、パンク修理技術を習得するためにも自分でタイヤ交換してみるとヒルクライム中の山道でのトラブルでも安心です。

 

 

 

ホイールの軽量化

出典:2018 Giant Bicycle

ロードバイクのカスタマイズにおいてもっとも効果が大きいと言われているのはホイールです。

これはヒルクライムにおいてこの差はより鮮明にあらわれるので、予算に余裕があればぜひともやっておきたいカスタマイズです。

ホイールを変えるときに重要なのはなんといっても重量です。

カーボンリム製が軽量ではありますが、カーボンリムのホイールにキャリパーブレーキなどのリムブレーキを使用すると下り区間でのブレーキングに注意しなければ熱にブレーキが負けてしまい効かなくなってしまうことがあります。

なのでリムブレーキをカーボンホイールで使用する場合には、ブレーキキャリパー(ブレーキのゴム部分)をカーボンリム用に変更する必要があります。

最近では5万円程度でカーボンホイールが入手できるようになりましたが、一流メーカーではカーボンリムに特殊加工を施し放熱性を上げていますがノンブランド品においてはそうでない場合もあり信頼性に少々不安が残るので、カーボンリムのホイールにキャリパーブレーキを使用する場合は多少値が張ってもメーカー品を使用することをお勧めします。

そういった不安を回避したいのであればアルミホイールでも十分軽量なホイールはありますし、耐久性にも勝るのであえてアルミを選ぶという選択肢もあります。

 

 

 

ギアを軽くするカスタマイズ

[ULTEGRA] CS-6800-11s カセットスプロケット シマノ11速対応

出展:サイクルベースあさひ

「軽くする」というとまず物理的な軽量化を想像するかと思いますが、ヒルクライムにおいてもっとも簡単に漕ぎ脚が軽くできるのはクランク、スプロケのギアのカスタマイズです。

ホイールよりも安く変更できることもありますし、間違いなく違いが出るのでぜひ行いたいカスタマイズです。

 

クランク(フロントギア)

[SORA] FC-3550 コンパクトクランク キャップレスデザイン 歯数:46/34T 2x9s PCD:110

出展:サイクルベースあさひ

クランクギアは、ギアの小ささが軽さにつながります。

コンパクトクランクと言われるギア比の小さなものに変えることで漕ぎ脚が軽くなります。

3速のクランクであればより小さなギアが付いていることもありますが、この場合は物理的な重量が重くなるというデメリットが生まれます。

またアウター(大きい方のギア)が小さくなると、平坦区間でのスピードが出なくなり体力を浪費することにつながるので注意が必要です。

クランクをカスタマイズする場合は、ボトムブラケット(クランクを固定するベアリング)やディレーラー、リアのギア数との互換性などに注意して交換する必要があるのでショップでよく確認して変更してもらうことをおすすめします。

 

スプロケット(リアギア)

[SORA] CS-HG50-9s 歯数:11-30T カセットスプロケット シマノ9速対応

出展:サイクルベースあさひ

ギアが小さい方が軽いフロントに対して、リアのギアは大きいと軽くなります。

こちらもギアすべてが大きめだとトップスピードが伸びにくくなりますし、ギアすべてが小さめだと重たくなってしまいますが、リアのギアは枚数が多いのでおいしいところを生かすセッティングができます。

軽い(大きい)ギアは比較的細かく選択できるようにして、重い(小さい)ギアは通常と同じサイズにしておけば坂でも平地でも快適に漕ぐことができます。SHIMANOの上位グレードは主にこういった構成になっているものが多いです。

スプロケットを変更する場合はホイールとの互換性、ディレーラーとの互換性などを確認する必要があり、施工にも専用工具が必要になりますので必ずショップに相談するようにしましょう。

 

 

ヒルクライム向けのカスタマイズはより細かな知識が必要になる

ロングライドのカスタマイズは比較的好みで行うことができます。これはいわゆるファンライドの要素が大きいのが理由です。

しかしヒルクライムは趣味で乗っていても体力に挑むものになるので、的を得た、また体に合ったカスタマイズが必須になってきます。

よりロードバイクへの理解を深めるいい機会でもあるのでしっかりそれぞれの役割を理解し、適切なカスタマイズができるようにしましょう。