ポタリング用クロスバイクにおすすめのカスタマイズ

Pocket

ポタリングは自由気ままに楽しめるサイクリングなので性能は必要ないので、カスタマイズも気軽に行ってみましょう。

今回はポダリングをより快適に行えるおすすめのカスタマイズ方法をご紹介します。

 

 

ポタリングにカスタマイズは必要?

ポタリングとは、簡単にいえば沿道のお店に気軽に立ち寄ったり風景を楽しんだりするサイクリングのことです。

ロングライドやヒルクライムなどと違い、性能や体力が顕著に表れることもないので実際カスタマイズが必要かと問われれば、先述した二つに比べればあまり必要ないです。

ただし、ポタリングで散策をより気軽に行うという魅力をさらに伸ばすためのカスタマイズであれば有効でしょう。

少しでも距離を伸ばし、少しでも体力が楽になればその分精神的にも楽で散策できる範囲が広がり、より楽しみが広がります。

ロードバイクやミニベロでポダリングを楽しむ方も多いですが、今回は「気軽」というポイントを元に、低コストで気軽に乗れるクロスバイクをベースにしたカスタマイズ方法を考えてみましょう。

 

 

体力的に楽になるカスタマイズ

体力を浪費しへろへろになってしまってはせっかくのポタリングも楽しめません。

まずは体力的に楽になるカスタマイズポイントを考えてみましょう。

 

ホイール



出典:2018 Giant Bicycle

自転車のパーツのなかでグレードアップすると効果が確実に出るのがホイールです。

多少予算は大きくなりますが、ホイールを軽量なものに変えておくことで体力的にはかなり楽になります。

ポタリングにおいても体力に余裕が出れば距離を伸ばし、山間の観光地に出かけやすくなるので予算があればまずカスタマイズしておきたいのがホイールです。

特にクロスバイクのホイールは軽量よりも耐久性を考えられたものが多いので、ロードバイク用のホイールにカスタマイズすればすぐに効果が出やすいのでお勧めです。

 

 

 

コンポーネント



出典:Shimano

ポタリング用でそこまでするの?と思われるかもしれませんが、体力を楽にするためにコンポーネントをカスタマイズするのは非常に有効なカスタマイズと言えます。

もちろんすべてを刷新するというわけではなく、一部のパーツをポタリング向きに変えるだけでも効果があります。

例えばクランクギア(フロントギア)の枚数を増やしたり、逆に軽量化のために枚数を減らしたり、小さめのギア構成のもの(コンパクトクランク)にして漕ぎ脚を軽くすることが有効です。

スピードは出にくくなってしまいますが、ポタリングであればそこまでのスピードが必要ないので体力的に楽になる有効なカスタマイズ方法と言えます。

 

 

 

ハンドルバー

AIRWING OS(エアウイングオーエス) カラー:ブラック バークランプ径:31.8mm TT/トライアスロン

出展:サイクルベースあさひ

通常クロスバイクは、まっすぐなハンドルが装備されています。

まっすぐなハンドルだと握る場所の選択肢が少なく、腕の筋肉が逆に疲れてしまうことがあります。

ブルホーンバーに変更すると握る場所の選択肢も広がり、乗車姿勢が変わるので疲れにくく筋肉を使いやすくできます。

ロードバイクに装備されているようなドロップハンドルがより有効ですが、クロスバイクの場合多くのコンポーネントも刷新しなければならず費用がかさんでしまうので、ポダリング用のカスタマイズであれば気軽に行えるブルホーンバーへの変更がお勧めです。

 

 

 

 

快適性を上げるカスタマイズ

ポダリングをより気軽に行うのであれば、快適性も重視したいところです。

性能を上げるよりも気軽に低コストで行えるので快適性を上げるカスタマイズも検討してみましょう。

 

 

サドル

出典:サイクルベースあさひ

サドルは手軽で一般的なカスタマイズポイントです。

ロングライドやヒルクライムにおいては軽量なサドルが人気ですが、ポタリングにおいてはある程度クッション性があり幅もあるもののほうが快適なのでお勧めです。

通常ロングライドやヒルクライムではレーパンと呼ばれるクッション性のあるパットの入ったぴったりしたズボンを履きますが、ポタリングでそこまでしたくないという場合にはサドル側にクッション性を持たせることでも対応できます。

 

 

 

 

グリップ



出典:2018 Giant Bicycles

ハンドルバーの変更までしたくないという場合には、グリップを変更することで快適性は変わります。

多くのクロスバイクには円柱状のグリップが標準装備されていますが、平型のグリップに変更するだけでも快適性は大きく変わります。

1000円程度からラインナップされているので、ポタリング用クロスバイクに気軽に変更するパーツとしてもお勧めしやすいです。

 

 

 

タイヤ



出典:株式会社 深谷産業 Michelin

タイヤも乗り心地を大きく変えられるパーツです。

特にヒルクライムでは軽量なタイヤが好まれますが、ポタリングにおいてはトラブルに見舞われないように多少重くてもパンクしにくいタイヤにしておくとよいでしょう。

また多少太めのタイヤにすることでクッション性が出て乗り心地が良くなります。

逆に長距離のポタリングや山間のルートを通る場合は細めで軽量な物の方が体力的に楽で楽しめるようになります。

 

 

 

実用性を上げるカスタマイズ

ロングライドでは走行性能を優先し割愛されがちな実用性も、ポタリングでは重要になります。

多少性能を犠牲にしてでも優先したい実用性を考えたカスタマイズポイントをご紹介します。

 

キックスタンド

【お店で受取り自転車対応可】 [取寄約3~4日]クエロ650c用サイドスタンド 「ST-CR650」

出展:サイクルベースあさひ

重さがネックなので多くのクロスバイクに付いていないキックスタンドも、ポタリングにおいては付けておくと非常に便利なパーツです。

ポタリングであれば疲れたら休んだり、軽食を摂ったりして駐輪する機会が多くなってきます。

サイクリングロード沿いのお店であれば自転車ラックがある場合もありますが、そうでない場合は自転車を地面に寝かせたりする機会もでてくるので、キックスタンドが付いていれば気軽に駐輪することができます。

ただし重さはどうしても出てしまうので、長距離や坂道を登る場合には付けない方がよいでしょう。

 

 

泥除け

【早便】【在庫一掃SALE】【お店で受取り自転車対応可】 V-SS1LEDOTFR LEDマッドガード セーフティーライト付き 前後 20インチ~700C対応 [904][CBA-1]

出展:サイクルベースあさひ

長距離のポタリングになると不意に雨に降られたり、雨上がりで濡れた道を走る機会も出てくるでしょう。

泥除けがないと背中にべったり雨水や泥が跳ねてしまうので、気軽なポタリングだからこそ付けておきたいパーツです。

プラスチック製であれば重さも気にならないので、見た目がきにならないようであればぜひ付けておきましょう。

 

 

自分のポタリングに合ったカスタマイズをしよう

ポタリングは型にはまらない楽しみ方なので、自転車の性能に合わせた楽しみ方もできます。

比較的近場をぶらつくのであれば快適性を重視し、長距離を走って見知らぬ土地を観光したいのであれば楽に走れるよう体力を重視したカスタマイズと言うように、自分のポタリングに合わせたカスタマイズで十分です。

しかしどれをとっても効果は出やすいので、ぜひカスタマイズして自分専用のポタリングの相棒に仕上げてみてはいかがでしょうか。